やばい恋から逃げるためには!?行き過ぎた恋愛から脱出する方法教えます

やばい恋に巻き込まれないための心得!

やばい恋愛といえば、相手型の異性の性格や性壁に問題があるという場合が多いものです。

男性の場合、女性の恋愛スタンスがゆるすぎて、自分の思うままになることがありますが、これがよくない恋愛スタイルになっているということが多いです。

なぜなのか?男性は穴があれば誰でもsex ができてしまうものですよね。

そこでもしも婚活パーテイーやSNSでの出会いを通して出会う異性と早々と肉体関係を抱いてしまったなら。

体を許した女性から強い執着心を受けたり、結婚を迫られるようになる可能性が高いですよ。

それでもいいなら覚悟の上で肉体関係を持てばいいのですが。

好みの女性よりも理想の女性を描こう

誰にでも理想の女性というものがありますよね。

理想の女性とは、顔が綺麗であるとか、スタイルがいいとか、才能が豊かであるとか。

相応のことをイメージしているとことでしょう。

大体の男性は自分の欲望のニーズにあう異性を求めているものなのです。

それで幸せなカップルがいるならばいいのですが。

長くつずく関係としては、欲望よりも、堅実でモラリストの女性を女神のように迎えるような選び方が成功の近道です。

もしも恋愛だけではなくて結婚を考えているとしたらば、セクシャルや才能ではなくて人間性、人格を重視して選んでいくようにしたいものです。

たちの悪い女性のみぬきかたをこころえる

たちの悪い女性といえば、人生がよくない方法へ進む、いわゆる悪女とか悪妻と呼ばれる方々に引っかかることです。

反面良妻とも呼ばれる方々もいるのですが、この違いはなんであるのか?といえば、関わると悪影響を受けるかそれとも、悪い影響を受けるのかというような違いです。

悪女の特徴は、常識や自己肯定感を高く持っていないと見抜くことが難しいという点です。

具体的には、無理難題を言うこと、他人を尊重できないことです。

たちの悪い女性を避けて、良妻になりそうな女性を好きになるような自分になるということ、見抜く鑑識眼を身につけるということが大切です。

悪業と善行を身につけよう

恋愛関係にも悪行と善行がありますが、見分けるためには悪行がどんなものかを認識しておかねばなりません。

できるだけ良い女性と出会うためには自分が清くなけもしもれば、出会いは難しいものです。

もしも、自分が既婚者なのに独身と偽っているとか、何股もしているとか、セックス目的だけで恋活をしている
などなどであれば、相手の女性が同じであればいいですが、純真な女性であれば傷つけてしまうことになるので、そこは自分の身のサビをみましょうということです。

自分が既婚者なのに独身者と偽りがあるならば、そこは相手を騙していることになりますから、悪行になってしまいますよ。

理解できない出会いサイトは利用しないこと

最近多いネット上の出会いですが、恐ろしい事件も起きている現状を知る必要があります。

理解できない出会いサイトは利用を控えること、評判がよくないサイトもダメです。

例えば、こんな事件が以前起きているようです。

男子学生へのセクハラ行為。

これは女性側が男性学生の写真を応用して悪行するというもの、もちろん男女で逆のこともあります。

女性が彼氏に裸の写真を撮影されてネットでばら撒かれる
という行為も横行していたそうです。

信用できない相手かもしれないということを念頭に入れておく必要があるということです。

頭で理解できないサイトは利用を控えましょう。

やばい!?と思えば誰かに相談しよう

まず、経験を積めば何が信用できない出会いの場所かくらいは判断できるものですが、なかには婚活パーティに既婚者がザクザク参加していた
という事実もあるようです。

そして、付き合うことになり、当人から既婚者であることをバラされたというパターンは多いようです。

これは、婚活パーティを信用している相手にとっては驚きの事実ですが、実際はいるそうです。

ただ、危険なことは何かというと、つきあううちに洗脳されてしまうからです。

自分のことをもっと大切にしたり、プライドを持ったりしていれば、変なことには巻き込まれないはずです。