恋の悩みで起こる不眠とは!?あなたの知らない不眠について教えます!

真剣に恋する人は不眠がちになる理由

恋をすると食欲がなくなってしまうという乙女もいますが、不眠にまでなる人もいるそうです。

もともと神経質な性質の人は恋をすると眠れないということも多いそうです。

これは、相手のことが好きで好きで眠れないというよりは、相手のことを信用できるのか心配で人生を預けることができないという悩みに近いかもしれません。

人間は遊びには心を悩ませなくても人生をかけたことには真剣に悩んでしまうものなのです。

とりわけ真剣な恋愛関係の相手には、一時的に悩んでしまうということもあるようです。

恋煩いで不眠になるほど恋に入れ混んでいると言えます。

好きすぎて心配になる人

異性のことが好きで不眠になる人、いいことばかり考えているわけではなくてよくないマイナスのことも考えていると眠れそうにないということがあります。

こうした人は心配性とか、考えすぎの虫がいるのかもしれませんが、真面目で物事の本質を突き止めたいという人や賢いタイプに多いそうです。

すでに起きた出来事にもあーだこーだといろいろ思いを巡らせることも多いようです。

眠れない夜を経験する人はいわゆる執着が強いのかもしれないと自覚すると楽になります。

男性にも思い悩んでしまう。

という人が数多く存在していますが、大抵は不眠の陥るまで思い悩むことが好きなのです。

彼女のことが好きで眠れない

彼女のことが好きで眠れないという男性はよほど暇人ですよね。

わざわざ眠れないまで彼女の事を中心で考える人も少ないです。

もしもあなたが彼女とのことで眠れない時間を過ごしているとしたら、優しさに漬け込んで振り回されているだけなのかもしれません。

そんな時は、仕事や趣味のことに思考を費やすようにします。

あるいは、性的に満足できておらず性生活に不足を感じている場合対して好きでもない女性の事を考えてしまい、想像してしまうということもあるでしょう。

性的に充実させておくことも恋愛で不眠を招かないための方法になります。

性的な欲求不満が招く不眠症

性的なニーズがあるにもかかわらず、欲求不満の場合、抑圧すればするほどに出口のない制欲が頭をもたげてきます。

そうなると、不眠症に陥ることも当然です。

自分ではなんとなく、体がうずうずするという程度でも実は欲求不満だった。

ということも多いのです。

欲求不満を解消するようにしておくことは大切です。

頭では関心がない時期でも体は求めているということもあるので、自分でも不眠という症状になって初めて起こるということも多いものです。

声を小さくして言いますが、欲求不満が不眠症を引き起こすこともあるということです。

彼女がいればスキンシップが足りていないのかもしれません。

心の満足度が低いと不眠症になりやすい

心の満足度が低いと、夜の寝つきが悪くなりがちです。

夜規則正しい時間に就寝しないで夜更かしをしていると朝に持ち越して、朝起床できないという事態を引き起こしてしまいます。

彼女とスキンシップしたいのに我慢している。

会いたいのに我慢している。

あるいは別れた彼女への思いが残っているなどでしょうか。

こうした未消化の思いがあるとよくありません。

一時的ならば問題がありませんが、長い時間おなじ感情を抱いていると病気になりがちです。

悪い感情、時には大きすぎる喜びの感情は体に毒だということを心得ておきたいものです。

異性関係で不眠症を招かないために

若い頃の異性関係の悩みは特に恋煩いとも言われており、あーだこーだと相手の心中を勘ぐることを言います。

彼女の気持ちはどうかとか、本気だろうかとか、どうしたら好きになってくれるか?ということを頭で考えることです。

これは、好きでしているならばまだまだ楽しみになりますが、いい加減なところでやめておかないとストレスになってしまいます。

不眠不休でデートプランを考えていたという男性に好感を持つ人もいれば、そこまでしなくてもと嫌う人もいます。

恋煩いの不眠はできるだけ避けるように、若い頃はいいですが大人には体の毒です。