男性が恋をすると起きる変化

好みの女性は、視覚から情報を取り入れる

男性が恋をするとどうなるのか?恋をしているのかどうかは置いておいても、男性は異性を視覚的に見る、感じるとは言われています。

つまり、女性をリアルやテレビ、雑誌を見ただけで好みの女性であれば好きになってしまうということなのです。

そして、お気に入りの女性でなくても、合コンやコンパで初対面の異性に出会うと必ず、つま先から頭まであるいは、女性の気になる部位を一点見つめをしてしまいますよね。

こうした視線に女性はきずいているので、体のラインをみせないオーバーな洋服でカバーすることもあります。

中には淡白で女性の雰囲気をさらっとみるだけの人もいますがまれです。

気になる女性に妄想ですること

男性というよりも男子が気になる女性ができた時には必ず、1人で妄想しています。

妄想というよりはいろいろ知識として、女性について情報を集取して自慰行為に走りますよね。

その時、女性経験がない人はどんな体をしているんだろう。

というよりも、自分のものを始めて性的な扱いを行うことが多いようです。

まるで、思春期のようになる人は女性経験が少ないタイプです。

こうした妄想は可愛いものですが、相手の女性にはバレてしまいます。

現実に見ているわけでもないのに、下心があればばれてしまうのです。

本気の恋であれば下心が二の次なので、相手が他にも通じます。

恋した男は分裂症と言われるわけ

少し前に好き避け。

という言葉が流行しましたが、本当は好きなものを避ける行為を好き避けと言います。

こうした好き避けは恋愛は実りません。

恋した男性はときに分裂症とも言われており、言動に一貫性がありません。

ツンデレと呼ばれる行為も、恋愛成就からしてみれば全く無意味で、意味のない行為なのです。

もしも、あなたが恋愛を成就したければ、分裂気味やこれらの症状を改めておく必要があるでしょう。

女性にはきもい。

ーと思われるだけです。

恋愛成就の極意は、100パーセント当たって砕けろ。

にあります。

砕けても正当な方法で告白したなら価値があるということです。

恋した男のすること女性の情報収集

ターゲットの女性の情報を集めることはいいことですが、度がすぎてもいけません。

情報収集をデートに誘うために始めたとかであればいいのですが、情報を見てやっぱりやめた。

とそこで狙い目の女性を制覇することなく諦めてしまっては意味がありません。

あえて、情報はリアルの相手だけに留めておくなど工夫が必要です。

もしも付き合う可能性がある相手でも、諦めてしまうと勿体無い限りです。

知らないことがあってもいいんだ。

という気持ちで、情報の詮索はある程度に抑えておきたいところです。

情報収集は男女ともに言えることですよね。

夢見る、ストーカー行為など

恋した男は女性とのいろいろなことを夢見ていることも多く、ストーカーをしてしまうことも。

ストーカーといえども、今はネットストーカーが主流ですよね。

そして以前はリアルストーカーは女性に近ずかないと我慢できない感じでしたが、ネット社会ではそうではないようです。

ネット上のつながりで許されてしまうということも。

満足感も得られます。

女性にも被害が及ばない。

ということで重宝されもはやどれがストーカーで、友人なのかさえもわからないのです。

夢見るだけでは満足しないで、好きな女性にはリアルでの接点を持つようにしようということなのです。

男性は恋をすると、態度に現れる

男性の恋心が本気であれば、そして現実的で将来に渡り関係を築こうと思うものであれば、周囲に断言することが多いようです。

例えば、若い青い男性では周囲に、今度の恋は本物だよと。

まだ異性との関係性がないうちからいい回ることがあります。

モテる男性ならばこうしたことは自分の心のうちにしまうとか、親しい相手に話すくらいでほとんどありません。

恋をした喜びで周囲にいい回ることができることもまた、若気のいたりでもあり、若さの特権でもあるということです。

あまりにも幼いと職場でも本心をいい周ることになりますが、そういう男性を好きになる女性は皆無であるということを覚えておきましょう。

【2019年 最新版】彼氏・彼女を作りたい人限定。幸せの鍵はPairsにあり!

2019.01.08