友達の好きか恋の好きかわからなくなった時のチェックポイント

友達としての好意かそれとも異性としての恋愛感情か確かめる方法

男女の友情は成立しないとか、成立するとか昔から論争されてきますが、いきなり関係が崩れる時期がくるとかいろいろありますよね。

そこで、男性側が女性のことを友人関係としか思っていないのか、それとも異性として恋愛関係を求めているのかどうか?見極めるには男性側は難しいと言われています。

なぜならば、男性は性欲を伴うと友人相手でも関係がないからです。

そこで、知り合う時、友人までの関係になる前に相手を選んでいるということが多いようです。

異性として見れる可能性がある人を友人に選んでいることの方が多いようなのです。

友情か恋愛かの見極め方その1

女性の場合は友情と恋愛相手の区別が明確についているものですが、男性の場合では性欲が関係してあいまいな線引きのことが多いということなのです。

しかし、男性にも見分けるコツがありますし、それは以外と簡単で単純なことなのです。

さらに、友人関係になってから、私たち、俺たちと話し合わなくても、答えは出ています。

男性がストレートに恋愛相手に選らでいない異性は、友人相手なのです。

たとえ、肉体関係を持とうともそれは友人関係のもとで友人としての感情しかないということです。

一方女性は肉体関係を持てばこれは、恋愛感情ではなくただの肉体関係だときずきやすいです。

友情か恋愛感情かの見極め方その2

もしも、いつも仲良くしているグループであれば友情か否かの見極め方としては、難しくなっているのかもしれません。

でもそれは、まだ恋愛を知らない時期のこと、恋愛を経験すれば友情と恋の違いが明確になります。

友情は2人きりよりも数人でいると成立しやすいものですが、恋愛は相手方の異性と親密な関係になりたい、2人きりになりたいと願うものなので、すぐに違いに感ずくことができます。

カップルの中には友達結婚をする夫婦が大勢いますが、こうしたグループ交際をえたカップルもかなり多いのです。

しかし、その多くは友情から発展して結婚に至ることも多いです。

男性にしてみればやけくそ、押し切られて。

という感じです。

友情と恋愛感情かの見極め方その3

肉体関係を持ってみて、欲望が一時落ち着いたところで気持ちが覚めればそれは友情、あるいはセックスフレンドの関係しかないという話はよく聞きますよね。

彼女の場合、肉体関係がなくても好きなまま、セックスの後も優しくできる覚めないという態度の違いは昔から言われてきました。

しかしながら本来優しい性格の人なら彼女以外でも、いつでもどこでも優しく丁寧に女性を扱いこともあります。

そうなると異性である女性は相当賢い女性でないと、見抜けないままで彼は私のことが好きと勘違いしてしまいます。

友情関係は、相手方の女性が肉体関係を拒まないか、拒むかで判断することもできます。

ただし、賢い女性でぶれない性格の人限定ですが。

友情か恋愛関係なのかの見極め方その4

友情か恋愛感情か、わからなくなるなんて若気のいたりですが、若い時の結婚を視野にいれていない関係は恋愛でも友情に代わりますし、ある程度成人してからは同年代の異性の友人関係を持つことは何らかの名文が必要で難しくなります。

それは誰もが異性の友人を求めるよりも、恋愛相手を求めていることが多いからです。

友人であれば、同性でも年上、年下相手でも老若男女ともに範囲にいれることができるからです。

適齢期をすぎてからの男性が異性を友人と称していいパターンは、以前からの知り合いのパターン、結婚や恋愛対象にならない相手や、相手方との年齢差がかなり大きいパターンが多いようです。

こうしたことが

友情か恋愛かは相手次第ではなく自分次第で決めること

友情か恋愛相手かという決め方によく用いられる言い訳は、相手が異性に見えないとか、友達以上には思えないということがおいいですよね。

でもこれは、いたって当人が恋愛ができないという言い訳にすぎないのです。

そして一番大切なことは、友情か恋愛かのスタンスを握るのは当人だということで、一度友情を選んでしまうともう将来同じ相手を異性として見ることはなくなってしまいます。

恋愛相手には到底考えられないキャラクターであるとかも難しくなります。

もしも可能性があるとしたら、まだ幼い思春期の時期で若いという時にチャンスがあるかもしれませんよ。