恋が続かない原因はどこにあるのかを解説

いつも恋が終わってしまう、その原因は自分にあり?

恋をしてもいつも短く終わってしまう人。

その原因は何かわかっていますか。

「相手が悪い」そのようなこともあるかと思います。

しかし、短い恋ばかりするあなた。

本当にその恋の別れの原因は相手にあるのでしょうか。

実は自分の知らない所で自分に原因んがあるかもしれません。

そのれに気づかないと何度も短い恋愛しかできません。

恋が続かない人の特徴を紹介します。

自分が当てはまるか自分の性格と照らし合わせてみてください。

意外と当てはまるかもしれません。

自分に原因がある場合にはそれを改善することで長く恋愛が出来るかもしれません。

連絡が面倒くさくなる

相手のことは好き。

でも連絡が面倒くさくなってしまうことはありませんか。

相手との連絡の頻度はお互いに歩み寄らないとなかなか難しいです。

一方がこまめに連絡、もう一方が連絡をあまりしたくない場合、お互いに合わせなければいけません。

特に注意すべきなのが、連絡を面倒くさく感じてしまう側です。

相手からしてみれば、「なんで連絡くれないの」と、寂しさや疑いをもたれてしまいます。

連悪を面倒くさく感じてしまっても、しっかりと連絡は取るようにしてください。

忙しいからは相手からしてみれば理由にはなりません。

メールを送るのに時間はあまり必要いりません。

文章が短くてもしっかりと、こまめに取って下さい。

相手以外の人と比較をしてしまう

周りの友人の彼氏彼女、そして以前付き合っていた人と比較はしていませんか。

好きで付き合っても他の人と比べてしまい、時瓶の相手のマイナス面を自分でより強く思ってしまいませんか。

比較してしまうことは仕方がないことです。

比較をしてより、自分の相手が良い、付き合ってよかったと思えるのならば良いですが、逆の場合は次第になかなか戻れなくなります。

嫌な面が少しずつ見えてきて、付き合っている理由が分からなくなってしまいます。

そして結局付き合っているメリットや好きなのかわからなくなり。

別れを選んでしまう場合がありあます。

自分の時間を大切にしすぎてしまう

付き合っていてもお互い、連絡を取らない、もしくは離れている時間も必要です。

あまりに一緒にいる時間が長い場合には自分の時間がほしくなり、離れたくなります。

自分の時間はとても大切です。

日々の生活は恋愛だけはありません。

その他の交流もひつようです。

しかし、あまりにも自分の時間を大切にしてしまうと、相手は「もって自分との時間を作って」と思ってしまいます。

自分の趣味に費やす時間、友人との時間は適切ですか。

あまりにそちらに没頭してしまうと、相手は寂しがり、それが原因で喧嘩にもなる場合があります。

相手に言われると嫌な気持ちになってしまいます。

言われる前に自分で見直してみてください。

遊び癖がある、または異性との連絡頻度が多い

異性との友人関係は適切ですか。

付き合っていても今までの異性との友人がおり、友達としての連絡はしますよね。

付き合っているからと言って、異性の連絡を全て断ち切る必要はありせんが、その連絡は必要なものですか。

もし、頻繁にしている場合には相手からしてみれば嫌な気持ちになります。

自分は恋愛としてその異性の友人のことを思っていなくても、相手からしてみれば自分の知らない異性であると、本当に恋愛対象でないのか不安になります。

また、何故あえて異性の友人に連絡する必要があるのか、とも思ってしまいます。

異性との連絡は出来るだけ、控えるようにしましょう。

原因がわかったら対策を

いかがでしたでしょうか。

自分では気づいていない部分でもしかしたら、相手を傷つけてそれが原因で喧嘩になり、続かない場合もあります。

しかし、原因がなにかわかることで対策が出来ます。

連絡の頻度を変えてみる、自分の時間とのバランスを考えてみるなどほんの少しの変化で、変わるかもしれません。

恋愛は戦略です。

本心では連絡したくないと思っていても相手に気が付かれないように取り繕い、連絡をするのも長く付き合うコツです。

恋愛がなかなか続かない場合には今一度、自分の行動を考えてみてください。

そして楽しい恋愛をしましょう。