恋をして寂しい気分になった時の対処法とは

せっかく恋愛しているのに…寂しい気分になるのはなぜ?

彼女と連絡が取れないとき、好きな人としばらく会えないときなど、恋愛中は幸せな気分だけでなく、寂しい気分になってしまうことももちろんあります。

彼女ができたり、好きな人がいると満たされて幸せな気分になるばかりではありません。

では、せっかくの恋愛中に寂しい気分になってしまうのは、一体なぜなのでしょうか。

ケンカをしているわけでもなく、うまくいっていないわけではないのに、なぜか満たされない気分になるのはなぜなのでしょうか。

その感情は女性側の問題ではなく、自分自身の心の持ちようで変わるかもしれません。

対処法はないか見ていきましょう。

ひとりで過ごす時間を大切に

付き合いたてや片思い中は、相手の女性のことで頭がいっぱいになることも多いと思います。

女性にとっては、いつも考えてくれていることはとてもうれしいことですが、その考えが自分自身を苦しめているかもしれません。

何もしない時間は自然と想っている女性のことを考えてしまうので、ひとりでも大丈夫な時間を作ることがおすすめです。

ひとりで打ち込める趣味を見つけたり、仕事に打ち込むのもいいでしょう。

ひとりで過ごすことが苦手なかたは、男友達と過ごすこともおすすめです。

男友達と行ったおいしい居酒屋などを、今度は彼女と行けるよう提案してもいいですね。

会えない分、連絡を密に取る

好きな人とはもちろん直接会って話したり、触れ合いたいものです。

しかし、仕事や学校などの都合でどうしても会えない場合もあります。

そんなときは、やはり寂しい気持ちが募ってしまいますよね。

そんなときは、スマホでこまめに連絡を取り合うこともおすすめです。

今ではカップルで使用できる便利なアプリもたくさんあります。

写真を加工できたり、ふたりのスケジュールを共有できる機能がついているアプリもたくさんあります。

テレビ電話も無料でできるアプリもあるので、会えなくても彼女の顔を見て話をすることが可能です。

連絡を取り合うと、寂しい気持ちも埋められるかもしれません。

寂しい時こそ実家に頼る

実家を出たかたは、仕事や学業で忙しくしていてなかなか家族に会えていないのではありませんか。

彼女や好きな人に会えないときや、なぜか寂しくなってしまったときこそ、実家に帰って家族の顔を見てみましょう。

大人になると、自分の時間でいっぱいになってしまうために、どうしても家族とは疎遠になってしまいがちです。

また、家族には気を遣わない分、ついつい後回しにしまいがちです。

家族はどんなことがあっても、どんなに時間が空いていても一番の味方でいてくれます。

家族のあたたかさに触れると、自然と優しい気持ちになって彼女にも優しくできるかもしれません。

正直に気持ちを伝えてみる

男性は寂しい気持ちや「会いたい」という気持ちを彼女に伝えることはなかなかしないかたが多いです。

女性は男性よりも気持ちを察することができる脳の構造をしていると言われていますが、やはり他人の考えていることはきちんと言葉にしなければ伝わりません。

男性から「寂しい」と自分の気持ちを正直に女性に伝えることは、恥ずかしいことではありません。

むしろ、正直に気持ちを打ち明けてくれて喜ぶ女性も多いものです。

「寂しい」なんて伝えることは女々しくて嫌だという男性もいるかもしれませんが、自分の気持ちに正直になることはとても素敵なことですよ。

寂しいと思うのは当たり前

人間はいつもひとりで大丈夫というわけではありません。

ひとりで過ごすことが好きな人でも、もちろん寂しいと感じてしまうことがあります。

また、感情が大きく動く恋愛中は、寂しいと普段より思いがちになります。

そんなときにひとりで我慢せずに、いろいろな対処法を試してみましょう。

そして、女性が寂しいと思っているときは自分が寂しかったときのことを思い出し、優しく女性を包み込むことができれば最高ですね。

寂しいと思う気持ちがあるということは、それだけ相手を想っているということなので、相手を想う気持ちを再確認し、大切にしましょう。