先生と脈あり?嬉しいけれどこの恋愛は大丈夫?

先生との脈ありはどこから許されるか?

偶然にも好みの先生に恋をしてしまったという場合には、禁じられた関係を進んでしまうことになります。

教師と生徒という関係性で恋愛関係になることは禁じられているからです。

小中高生の場合では、まだ未成年という立場上、親の教育義務も関与してきます。

子供の意思、判断は尊重できないので、教師がそそのかしたということにもなってきます。

そうすると、慕っていた教師にも迷惑がかかることになるのです。

未成年の禁じられた恋愛は、大切な両親や教師など周辺の大人に迷惑がかかります。

もしも、子供ながらにも先生に恋をしてしまっても親に相談をすることが重要ですよ。

お稽古事の先生も含めてです。

成人になってから先生に恋したら

成人を迎えて、親の教育義務を過ぎれば自由に先生と恋愛することもできるのでしょうか?親に迷惑がかからない成人にもなれば、当人の行いは自己責任になるので、恋愛も自由に行うことができるのです。

もちろん、学生の立場上で先生との恋愛も可能になります。

そして未成年の頃では最も心配される、できちゃった結婚もまた可能になる年齢です。

しがらみも束縛も何もない自由な状態で恋愛を行うことができます。

ただし、学生結婚をしても生活に必要な資金や結婚資金を親に頼るというようでは、自立しているとはいえませんし、先生が働いているからと言って子供を養う教師もいませんよ。

その辺りをよく考えて恋愛をするべきです。

教え子と女教師の恋愛

先生と学生の恋愛の何がいけないのか?というと、先生と生徒の関係性だからです。

でも、学校以外の関係ならばどうでしょう。

未成年と社会人という関係で、決して悪いことではないのです。

教え子という立場上、教師は恋愛関係が周囲に知れると評価が下がります。

社会的な評価から学校での評価間まで。

それほど教師にとってはマイナス要因になり得ることが多いということなのです。

もしも、妊娠してしまったら、できちゃった結婚を選ぶほど甘くはありません。

自分一人片親の収入で子育てをこなしながらしかも、男性が働いていない状態でどのようにして子供を育てていくのでしょうか。

そんなリスクをおうような人はまずいません。

周囲の大人の意見を聞いてから恋愛するようにしましょう。

大学生と先生の恋愛傾向

大学生で成人したともなればあとは自由に恋愛ができます。

大学の教授や助教授、あるいは講師とも恋愛することができるようになります。

妊娠しても、先生の収入があれば生活ができるでしょう。

現に大学生で妊娠、出産したという女性は結構大勢存在しています。

多くは、できちゃった結婚なのです。

先生と成婚できるのならば、その恋愛は幸せなものでしょう。

もしも、遊びだと捨てられても、お互いに納得できる関係ならばいい恋愛ができるはずです。

立場上の問題があるとすれば、それは成人しているかどうか、詳細にいえば責任を取ることができるのかどうか?ということにつきます。

教職職員と生徒の恋愛関係

まだ先生になりきれていない、実習生の教職という立場上の先生はどうでしょうか?生徒と恋愛関係になることは危険か安全か、検討してみましょう。

まだ、教職員になっていない女性と恋愛して肉体関係を持つことは、教師としては最悪ですが、プライベート上ならば男性生徒と、実習生という立場上でも許されます。

ただし、世の中は男性が未成年の場合と女性が未成年の場合では違いますよね。

女性生徒と男性実習生の場合、女性生徒がかなりリスクが高くなります。

さらに、世間に知られた時の世間的な評価もまた男性側が責められることがなります。

たとえ女性生徒がそそのかしたとしても、です。

先生との恋は難しいとわきまえて!

教師といえば、公務員にすぎません。

教師の結婚相手は同じく公務員、教師であることも多いのです。

まれに学生時代からの付き合いでサービス業の彼女と結婚をしたというような場合もあります。

しかしながらもやっぱり同じ環境や足並みの異性と付き合って結婚するというパターンが多いのです。

そして、大学院生、大学生でもない限りは、生徒、学生対して教師、教授という立場で恋愛行為を行うことはリスクが高すぎると言えます。

当人同士が燃え上がっていたとしても、世間の目や噂がついて回ると不利になることも多いからです。

先生と生徒の恋愛で自由に見られるのは、大人のお稽古事くらいです。