料理を通した異性との出会いを解説

料理を通した出会いの機会はどのくらいあるのか?

既婚者である男性でも家事を負担する人が増えているそうです。

これは、女性の社会的進出に伴い、男性も家事を負担するという習慣ができたことが原因のようです。

3年ほど前は家事を行う男性は30パーセントほどで、今年は倍にも増えているとか。

もはや料理ができる男性は当たり前の条件となっているようです。

特にチャーハンを作る人が多いそうです。

こうした社会背景ですが、料理教室に通う男性はまだまだ少数で、独り身の高齢者が公的なお料理教室に通うことくらいです。

そこでの集まりはほとんどが自分と同じ高齢の同性であることが多いです。

料理人との出会いは飲食店に通うしかない

若い男性芸能人でもお料理ができることを売りにして料理本を出す人もいます。

本気で料理が趣味の男性も実は多く、ブログに手料理を紹介したりしていますよね。

プロの料理人はいうまでもありませんが、料理人と出会いたいなら飲食店に通うという手段もあります。

料理人の場合若い頃はまだ見習い中です。

同級生と結婚したりして既婚者であることも多く、自分の店を持つまで大成した時にはすでに既婚であることも多いです。

あえて料理人を探すことは難しいことですが、料理人のファンならば、お店に通うことで接触はできます。

女性ならカフェ、ケーキ屋さんが多いですよね。

食の好みのあう友人の中から選ぼう

スイーツ男子も流行した後ですがこのみのあう異性とスイーツ仲間とて付き合うこともおすすめです。

これはいきなり初対面でスイーツ好きの相手を探すという方法もあるのですが、できれば合コンや職場で共通点が同じもの同士で交流して行くといいでしょう。

すでに友人、同級生、職場の同期として素性が判明しているような相手を選びようにしておきます。

料理、スイーツを通した出会いだと間口が広すぎるので、みじかにいる人たちの中から料理の好みが合う相手とデートしたり、友として行動するようにすれば、スイーツ友達から恋人に昇格する可能性があります。

肉食か菜食かでつきあいを決める

食の好みは結婚してからも重要らしいという噂がありますが、日々食卓を相手方とともにするので食事の好み嗜好のミスマッチは防ぎたいですよね。

まれに、食べたいものや好物は全く異なる夫婦というカップルも存在していますが、それはそれでお互いの意思を認め合う大人のカップルなのでしょう。

やはりそれでも重要な食の好み、食べログなどを利用すると食の好みが似たあ相手を探すこともできます。

日本にはベジタリアンは少なく、高齢化して菜食主義、若くて肉食という違いくらいなものですので意外と焼肉に誘うと仲良くなることが多いです。

キッチンは女の城、立ち入り禁止であるとこころえる

女性が手料理をもてなすと惹かれる男性は多いですが、女性には外食でご馳走してあげると株が上がります。

女性の多くは自宅の台所を人に使われることが嫌いです。

女性はキッチンが城でありテリトリーなのです。

よく男性、異性の友人が女性のキッチンを使って手料理をするという光景がありますが、あれは知り合いでも嫌われる行為です。

それならまだ、キッチンでお手伝いをかって出てもらえたほうが幾分にも精神的に楽なのです。

このように、一緒に料理を作ろうという提案は女性から言う時以外は、勝手に立ち入らない方がいいです。

女性の料理を手伝うというやり方でお料理を作ればいいのです。

屋外料理が一番ベストな理由

夏の庭先でのバーベキューに、海や山でのキャンプの炊飯、男女がともにお料理の共同作業を行うためには屋外での調理が最も向いています。

男性は、力仕事をメインにこなすようにします。

最初は調理器具を運び出す、組み立てる準備から初めます。

お肉や材料を焼く、火の管理も男性が行い、女性は野菜を切る、お米を研ぐなどして調理全般を担当するように分担作業です。

こうした共同作業を共有すると、1人で行うよりも生産性が高くなりますよね。

夏はとくにイベントが多い季節ですから屋外で調理を分担してみれば絆が深まるかもしれません。