出会いに成功した人のやりとりから分かること

出会いを果たした人の真似をするにはどうすべきか?

合コン、婚活パーティ、友人の紹介、ナンパ、ネット、出会いの機会は多くありますが、簡単に出会いをつかめる人とそうではない人の違いはなんでしょうか。

まず、出会いに成功した人は、絶対に出会うという意志の硬さがあります。

絶対に出会うんだという意志で出会いの場に参加しているので、出会いのチャンスを逃さずに成功を収めることができるのです。

こうした意志の硬い人も最初からそうであったわけでもありません。

出会いがない、出会ってもうまくいかなかったという苦い体験を通して、真剣さを身につけて行ったからの結果なのです。

条件を絞った結果、多くを要求しないこと

出会いの数もチャンスも平等に訪れているのに、出会いをゲットした人とできない人の差は、出会うまでの真剣さの違いがとても大きいという話です。

出会いがないと悩んだ過去、そして自己分析をして自分にふさわしいタイプの条件を一点に絞りこんで多くを要求しないことが、相手を探しやすくするコツです。

ビジャアル、性格、性質、人各、趣味嗜好、職業、全てにおいて条件を出せるほど自分が相手に与えるものが多くはないと気がついた人は相手選びも早いです。

たった一点だけ選ぶべき条件があれば、よしと考えているから成功できるのです。

自分の心に素直であること

出会いを果たしてカップルになる2人はお互いに自分の心に素直になることができます。

この人がいいと思えば、嫌われないかな。

と余計なことを考える隙がないのです。

リスクを考えないことや、相手の迷惑をかえりみないということとは違います。

相手の気持ちは置いておいて、自分の素直な気持ちを相手に伝えて見るのです。

プライドが高い、意地がある人は素直な心になりにくいですよね。

あるいは過去にトラウマになっている人もいますが、出会いたいなら出会いの前に一度カウンセリングを受けて真っ白な状態まで整えておく準備もいります。

すぐに進展するカップルは自ら連絡をとる

すぐに進展する2人はお互いが連絡をこまめに取り合うという特徴があるようですよ。

男性からも女性からも同じ回数連絡を入れるので、気があうということなのでしょう。

ここで、破局を迎えるカップルは連絡の頻度が片方だけ多いとか、少ないという偏りがでたりしてうまくやっていく自信がなくなる。

そして破局を迎えるということになるかもしれません。

結婚まで進むカップルは、トントン拍子にことが進み成婚となるようです。

電話くれないかな?と盲目的に期待をするような男女ともに受け身ではなく、自立している時はうまく進むということでしょう。

決断がいたって早い2人であること

合コン、婚活パーティ、どこで出会った2人でも決断が早い2人はトントン拍子に進んでいきます。

周囲が気がつく前に異性に惹かれていることも多く、周囲がみて明らかにすきすきオーラを発している人もまたうまくいくことが多いです。

相性がよいこと、相性の良さを人生経験からすぐに見抜くことができる人であれば出会いから決断まですぐであることも多いです。

後から聞くと、一緒にいて楽だとか、心地いい、価値観があったという2人であることもありますよね。

こういうカップルは電撃婚でも末長く仲良し夫婦であることも多く、一目惚れでもうまくいくようです。

要するに人を見る目があるとうまくいくのです。

経験豊富で鑑識眼があること

男女どちらかである場合や男女両方に、鑑識眼がある場合、見た目や少しの会話を通して相性というものがわかるようになります。

合コンで数時間、婚活パーティで1時間同じ空間で過ごせばもう大体の性格や人柄、癖などは見抜くことができますよね。

同じ職場であればもう、なにからなにまで知り尽くしていることになります。

人柄はとくにわかりやすいものです。

アラサーまでなるともう少しの接触でいろいろなことがわかってくるので、そこそこの付き合いで決める、妥協する、という決断を下すことが多いようです。

出会いを進展させることができるかは成熟度によるということです。