出会いが欲しいと感じる人の様々な理由を考える

出会いが欲しい心境になるのはどうして?

出会いが欲しいと口で言う男女がいますが、果たしてこの男女の心境はいかに?本当に出会いを欲しているのでしょうか?それとも、口だけでしょうか。

出会いが欲しいというタイプには暇人である人が多いですよね。

人間は空を嫌うようになっているそうですが、空を目の前にして過去の恋人を美化して思い出したりということもするそうです。

つねずね人は暇を持て余すと、出会いが欲しい、彼女が欲しいという心境になり、口に出してしまうことが多いようです。

なんとなく気がついたら出会いがないかなあ?と考えている自分がいたら、自分は今暇で仕方がないんだ。

と認識できます。

他力本願な性格が根本にあること

彼女がほしいという心境が強い人は、寂しい思いに耐えされないとか、みんなと同じでなければいけないなど、他人に甘えて自らを甘やかす傾向にある人が多いです。

こういう場合、彼女が欲しいという言葉の意味は、誰か楽させてくれる人が欲しいいう言葉に置き換えることができるのです。

暇な上に、甘んじているので自分をあまやかそうとしています。

もし、友人がこの言葉を吐いたら、友人としてするべきことは異性を紹介してあげることではないですよね。

まだ、合コンや遊びに誘う方が良いでしょう。

こういうパターンの彼女欲しいコールは暇なんだな、甘えているんだな、と無視をするべきです。

人が羨ましいという心理

彼女が欲しいと嘆く人は、人が羨ましいという心理になっていることが多いです。

街行くカップルをみたりして、いいなー。

と人のことがうらやましく思えているのです。

本当はカップルかどうかもわからないのにです。

カップルかどうかもわからない男女を見て、女性の愛されることをイメージしているだけのことが多いです。

友人が彼女ができたという話を聞けば、羨ましく思い、可愛い子をみると付き合ってみたくなる。

というまさに自分がない状態です。

自分はこういう女性が好きでいつまでにこういう目的で出会うという目標がない状態です。

お年頃で性的関心が高い

彼女が欲しいをやみくもに連発する人は、女性への性的関心を抑えることができずにいることも。

お年頃で、彼女ができたらセックスをしようと企んでいる人です。

彼女がいない間はおそらく1人で処理をしている。

そんな男の口からはいつも彼女が欲しいという言葉が出てきます。

何か学業、スポーツに熱中することができればセーブすることができるのでしょう。

とくにスポーツと学業をおろそかにしている人は、女性への関心が年齢の低いうちにで初めてきます。

彼女がいないなら熱中できることを見つけて始めるといいということです。

気がついたらモテいるかもしれませんよ。

学業やスポーツやるべきことから逃げるとき

学業に専念しないといけないのに、本来するべきことから逃げているという現実逃避の人はよく、彼女が欲しいと口にします。

口にしなくても、頭の中で女性のことを想像しているはずです。

幼い男子ならアイドル、リアルではないかもしれませんが女性をイメージして萌えていることでしょう。

これは健全なことですが、問題は今集中するべき学業から意識がズレるということです。

本来の本業からぶれて女性に走ることは目先の欲望から逃げる行為です。

男子なら当たり前の性欲を禁欲できずに、欲望に走る、いわゆる負けた状態の人はよく彼女が欲しいという心境になります。

若くして彼女が欲しい宣言は将来性が低い

学業やするべきことがあるにもかかわらずに、彼女が欲しいと宣言する人は将来性も薄いでしょう。

なぜなら男性は、女性に好かれるために頑張る人もいますが、異性のことを第一優先にしていると、仕事上活躍できないからです。

挙句の果てには無職の男が女性にストーカー行為をすることも多く、女性の元に通いつめる人は、大成しないともいわれています。

彼女が欲しいと口に出す人ほど、仕事ができない率が高いということです。

もちろん適齢期で彼女欲しくないの?と聞かれて欲しいと応える男性はまともです。

彼女が欲しいという男性の心理、こうした理由があります。