出会いをみつけるために意識したいこと10選

出会いを探すときに意識したいこととは?

出会いを探している男女は多いものですが、たいていの人の口からは「出会いがない」という言葉を聞くことが多いですよね。

あるいは、「いい人がいない」というような言葉も定番の文句です。

出会いは本当にないのか?いい人は本当にいないのか?そこが重要です。

カップルになっている人は、いい男に出会えたラッキーガールなのか?出会いに恵まれていたのか?という点も検討するところです。

これから出会ってカップルになりたいと願い男女は、いい相手、エ出会いは自分でチャンスを掴むということを忘れないように、意識革命をしておいたほうが良い点をまとめました。

出会いは滅多にこない、チャンスがきたらつかむべき

恋愛のご縁に限りませんが、個人にとってのチャンスはなかなか訪れることはありません。

恋愛相手としてこの人がいいかも思えたら、即行動するようにしましょう。

例えば、電車内で気になる異性を見つけたとします。

ほとんどの人はここで、たじろいで声をかけられないのです。

自分の言い訳をして、こんなところで出会っても仕方がないという人もいます。

本当に出会いに恵まれていてわざわざ、電車の乗客に声をかける必要性を感じないならいいでしょう。

でも、本当は今しかチャンスはないのに、恥ずかしい、勇気がないなどの理由で声をかけないとしたら。

チャンスは一度きりです。

もしかしたら相手も待っていたかもしれません。

出会う前に、目的をよく考えること

異性との出会いを期待しているのなら、その目的をよくよく考えてから相手を探しましょう。

例えば、真面目な彼女が欲しい場合は同級生から探した方が懸命ですよね。

結婚相手としてただ衣食住の家事をこなしてくれる相手であれば誰でもいいのであれば、結婚相談所で探せばいいのです。

相手方にも選ぶ権利はあるので見つかるか同課は置いておいて。

まずは出会いwp求める前にどんな人と出会いたいのか?という点を視野にいれて探すようにすると、迷いなく出会った時に選ぶことができます。

中には、もったいないくらいの異性から思われても文句をつけてふってしまうような人もいますが、それではもったいないです。

どうでもいいことにこだわらない

カップルの誰もが全ての条件を満たした相手を選んでいるわけではないのです。

自分の希望や好みは半分は妥協しており、一点だけ愛せる長所があればいいと考えている人が多いのです。

それなのに、あれもこれもと条件を提示しているといつまでもお一人様のままです。

若げのいたりとして、盲目的に恋するくらいでも丁度いいくらいです。

失敗したくないという気持ちは沈まない船に乗りたくないというようなもので、勇気がないだけなのです。

将来必ず後悔することになります。

出会いをものにするには、どこかで妥協して決断を下すということが必要になってくるのです。

今は仕事に集中するはやめるべき

すでにもう20代半ばから後半なのに、今は異性と出会いたくない仕事に集中すると言い張る人がいます。

今は仕事に集中するという言葉は確かに正論ですが、果たしてそうでしょうか?例えば10代の受験生が勉強に集中するという時期があってもおかしくはありませんが、社会人になると仕事は仕事、プライベートも充実させた方がいいですよ。

例えば、入社してしばらくは仕事に邁進したい時期があってもいいですが、30近くなり仕事で出会いに気がまわらないならもう異性との出会いは諦めた方がいいのでは?ということになります。

つまり、出会いのチャンスに目をつぶっているということ、完璧な自分、完璧な人生になってから出会いを求めても遅いことが多いということです。

出会いを求める心得はチャンスの神様は前髪しかないということ

もしも、異性と出会いたいなら、今しかないという機会を見逃さないようにすることです。

恋のチャンスの神様は前髪しかありません。

せっかく異性がチャンスをくれているのに、その機会を逃したら?異性を合わせてくれると思いますか?賢い異性はチャンスだとわかるものです。

もしもチャンスを与えてくれたのに、欲が高いために逃した、ケチをつけたということがあれば、今後の出会いも難しいでしょう。

後ろ髪を惹かれるようなことは避けたいのなら、勇気が必要になります。

もしも、告白して玉砕してもそれはそれ、大したことではありません。

大した失敗は、チャンスを逃すということなのです。