出会いが面倒と感じてしまう理由を分析

出会いを面倒と感じないためには?

異性との出会いを期待したい、けれどもどうしても出会いが面倒に思えるという人たち、決して少数派ではありません。

そういう人たちは、出会いを面倒だと感じるだけの理由があるのです。

例えば、人生設計が描けていない場合、必死で出会おうという意欲が減退していくことがあります。

就職、結婚という人生設計を描くことができない人は、恋活以外でも出会い、人との関係性を築くモチベーションが低いことが多いです。

仕事で悩みがある、仕事がうまくいかないなどの悩みの突き当る前に、恋人や配偶者の存在を確保していかないと、手遅れになるということです。

こういう原因で出会い嫌いな人は要注意です。

忙しくて出会いに向けるエネルギーがない

たいていの男性は仕事中心で人生を送りますが、仕事に熱中している人物であれば出会いにうつつを抜かすエネルギーや時間がないということもあります。

ある意味で健全な原因ですが、女性からみると残念すぎる理由です。

異性との出会いを果たしたとしても、進展出せる行動力がなく振られてしまう羽目になったり、とにかく異性からどうにかしてもらえないかな?と待ち望んでいる男性も多いです。

ところが、女性自身も男性からの行動を待ち受けているために、受身同士ではなにも始まらないということが起こります。

めんどくさい男性とは自然消滅に終わることが多いのです。

出会いが面倒ではなく進展させることが面倒な男性

異性との出会いは無数に存在していますが、実は出会えないのは出会えないと思っているからであることが多いです。

出会えないと思っているというのは、朝から晩まで仕事で出会う人間は恋愛関係にはならないと無意識で決めていたりするので、日常で女性との出会いが訪れても脳が反応しないように自らコントロールしているとも言えます。

実は、出会いが面倒ではなくて、出会ってからの女性との交流やコミュニケーションなどの駆け引きが面倒だということが多いですよね。

なんなら女性が主導権を握ってくれないかなと思っていることも多いですよね。

こうした受け身では進展は0です。

面倒くさがりな男性がきずかない男の仕事

出会いから進展させる流れが面倒と思う男性は恋人を作ることは愚か、結婚相手を探すことも難しいかもしれません。

もしも、消極的な男性でもくっついてくる女性がいたとしたら、その女性は過剰に男性を利用しようと企んでいるような女性でしょう。

例えば、結婚するまでの仕事は大変だけど、結婚してしまえばあとは扶養してもらえるから楽だというようにです。

何かしろ、企みがある女性は消極的な男性当てでも積極的に誘導してくれますよ。

ただし、結婚したあとに一気に男性は重荷を運ぶこととなります。

本来は、男性が懸命になって女性を求めた結果結ばれるという流れが後々良い循環を生んで行くことになります。

そもそも、何もかも与えてもらっている男

生まれた時から何もかも与えられて育ち、自分で獲得した経験のない男性は出会いすら面倒と感じることが多いです。

そのような男性の場合、自ら主体的に動く男性に負けています。

例えば婚活や恋活においても、相手が見つかる可能性もありますが、それは他の人が選ばなかった残り物であることが多いのです。

しかし、出会いすら面倒と感じているので、残り物しか出会わなくても仕方がありません。

面倒な人は他人からの紹介に頼ってしまいますが、結局周囲が紹介した相手さえ、興味を持たずに関係が結ばれないこともあります。

そもそも、出会いに対してやる気がないのなら相応の独り身の人生設計を計画すべきです。

出会いに対して前向きになれない人の特徴

年頃もしくは結婚適齢期さえすぎているというのに、出会いに前向きになれず面倒だと感じてしまう理由は、当人にとって出会いの価値が低いからです。

出会いに前向きではなくても誰も困りません。

当人がよければそれでいいので、改善する必要性もないのでしょう。

こうした独身を決意した人は世の中には多いものです。

独身組はみんなで協力して相互助け合いをしたりしていることもありますよ。

出会いに期待できない心境なのに無理をして、心を躍動させる必要もありません。

時がくれば出会いに前向きになることもあるかもしれませんが、早めに独り身の人生計画をしておいた方が無難です。