異性の見つけ方と出会い方

異性と出会いたいならオススメの見つけかた

近年はネットを通した出会いが増えていますが、できるならリアルな場所で出会うことをおすすめします。

時々恋活や婚活目的の出会いは結婚相談所や婚活パーティなどに限られていると認識されていますが、出会いの可能性はもっと日常にもあります。

ただ、結婚相談所では年齢や職業枠で絞り込みをするので、エリートと出会いやすいことや好みの異性と出会う確率が高くなる可能性は秘めています。

合理的に探したい男女が利用する相談所やパーティなども利用にはおすすめすることができます。

ただし生活の場にもリアルな出会いはあるということなのです。

恋活したいなら手堅い友人の結婚式がおすすめ

出会いの場として非常に手堅くて、成婚率も高い場所が友人の結婚式になります。

友人の結婚式に参加する時は、新郎の友人もくるはずです。

新郎目的で参加することもできるし、仲のいい女性友達の結婚式ならば友人から情報を聞くこともできます。

ただし友人に気に入られている場合ですが。

友人の結婚式で男女が出会い、付き合う確率は高く、成婚率も高いです。

なぜならば、友人を通した出会いならば相手方の身元も確認できており、信用できる相手だと判断されるからです。

兄弟の結婚式なども狙い目です。

出会い目的で参加するなんて不謹慎とは思わずに、みんな参加して出会っています。

自立した出会いは自己責任で!

自立した出会いは他力本願ではないので自分好みの異性をゲットできるチャンスに溢れていますよ。

ただし、選んだ人は自分自身なので、相手方の見る目があるのかないのかは自分で責任をとる他はありません。

例えば、カフェ、バー、電車の中、などリアルで出会える場面はありますよね。

カフェやバーを利用しないならば、通勤中で出会うという方法もあります。

同年代の女性は0ではないでしょう。

もしも出会えないのであれば、自分がこの人に声をかけると決めていないだけのことです。

玉砕してもいいので、この人と思えば声をかける方がいいですよ。

もしも怪しまれたら?それは縁がないということです。

会社やサークルにも出会いがいっぱい

最近は社内恋愛を嫌う人も多いですが、会社内、サークル活動は出会いの宝庫です。

ややこしいことが嫌いなので社内恋愛はしない。

と決めているのなら別です。

会社に女性が少数の企業もありますよね。

そこで、社会人には趣味のサークル活動がおすすめです。

誰にでも一個は趣味があります。

社会人サークルの活動に入れば同じ趣味の異性と知り合う可能性が高いです。

そこで、ダラダラとすごさずに、この人と決めたら告白、お付き合い、結婚という流れになる人も大勢いますよ。

あらたに探しに行くよりも、みじかな存在の異性と付き合う方が気心が知れているのでm趣味を通した出会いはカップルになりやすいですよ。

付き合うと趣味に誘うよりも、効率的です。

ネットをよりもリアルなナンパがおすすめ

ネットよりもリアルなナンパがおすすめの理由は、リアルで顔をあわせたほうが相手の表情や気持ちがわかりやすいからです。

なんだか嘘をついているみたいとか、いい感じ、嫌な感じという雰囲気が人にはあるものです。

その人間の第六感が使いやすいリアルな出会いの方をおすすめします。

出会いにも数をこなせば、この人はこんな感じだというようなことがわかるようになっていきますよね。

でもネットでは女性が男性のふりをすることもできれば、身分も偽ることが可能です。

ネットならまだナンパで出会う方がリアルで安心です。

合コンで出会う、友人の紹介で出会う方法も硬くておすすめです。

異性との出会いの数は多いが君がゼロなら意味がない

一歩家を出ると異性との出会いの数はあるものですが、きずいていないこともあれば好みではないからと眼中にないことも多いですよね。

社会人は、仕事とプライベートを分けて考える傾向が強いですが、仕事を通した出会いにも可能性を見出しておかないと、出会いの数は減ります。

特に、仕事中の電車移動の中で好みのビジュアルの女性と出会えた。

というような場合ですが、声をかけずに終わる男性が多いですよね。

女性もそこで気が付いていることがありますが、ハンカチを落とすわけにもいかず。

早く声をかけて!というところでしょう。

このように、出会いの数は訪れても当人がその気になることが前提です。

出会って機会を逃してから熱を出しても遅いのです。