社会人になって減った出会い。成功した人の出会いのきっかけは?

社会人男性はどこで出会いを果たしているのか?

社会人になって出会いが減少してきた。

これは、周囲の同年代がみんな次次とカップルに成立してゆくなかで自分1人だけシングル、独身生活を送ることから感じるのです。

周囲が家族を作っていく中、当然独身者とのお付き合いは減少気味になります。

ファミリー層は同じファミリー層と家族ぐるみのお付き合いを好み傾向があるからです。

些細な会話内容や生活スタイル、外出先などなど独身貴族とファミリー層では全く異なるので接点すらなくなります。

独身貴族にとっても必ず家族がついてくる相手と付き合うということも面倒でしょう。

出遅れてしまうと気がつけばお一人様ということになりがちです。

周囲の同性の出会いを真似してみよう

すでにカップル、成婚しており家族として暮らしている同性の出会いのシチュエーションを真似てみましょう。

出会いからカップル成立にも地域特性という傾向があります。

例えば、田舎の地方では昔から結婚年齢は早めと言われてきました。

男女の出会いのその多くは、親戚、家族の誰かからの紹介であることがほとんどです。

お見合いというかたち、紹介という形で出会い、お付き合いして結婚するという流れは昔から変わっていません。

その背景には、紹介以外にお付き合いをする相手が見つからないという理由が大きいのです。

知り合うチャンスも機会も他にはないんだから、決めておくという賢さがあります。

独身貴族を反面教師にしてみよう

昔は田舎で独身といえば、健全な世帯とは言えず必ず誰かが相手を紹介したものです。

そしてそこには、必ず世帯としての存続や役割というものがありました。

役割を求められていたために、周囲がほっとくわけにもいかなかったのです。

しかしながら、こうした消極的な出会いでは相手方との生活においていろいろな不満が出てくるものです。

時には夫婦間、家族間を超えて近所に愚痴をこぼしたりということも。

こうして家のために我慢をしていたわけです。

ところがこの我慢を出会いの時点で、あれは嫌だこれは嫌だと言っているのが独身貴族なのです。

田舎から首都圏に場所を変えても同じことが言えます。

まともな男性は相手を選ばない

社会人たるもの、いつまでも独身の身で通用するのも公務員くらいなものです。

民間の世界では既婚者を優遇して出世させたり、責任のある仕事を任せたりされますよね。

責任がある仕事ができることは認められるというチャンスでもあります。

サラリーマンは結婚をしなければならないので、相手を高く見積もっている資格も暇もありません。

学生時代の同級生、友人の紹介が成婚率が高いという背景もこうした事情があり、とりあえず学生時代の友人であれば信用できる相手だ、気心が知れている、身元がわかっている、など消極的な評価で結婚をしているのです。

みじかな存在から相手を見つけている

普通のサラリーマンはみじかなところから早々と相手を見つけています。

長期的視野で考えると、高望みして婚期を遅らせるよりも、平均的な人を配偶者にしておいたほうが得だからです。

結婚が遅ければ、信用問題にも響いてくることもあります。

高齢化して独身が通用する相手は、芸能人、スポーツ演出、あるいは身元など信用の必要のない日雇いなど、特殊な職につく人に限られているのです。

一般人は目立ちませんがみじかな地味な女性をパートナーに選んでいるのです。

考える視点や目的が女性ではなく、人生全体におけるというわけです。

こうした異性の選び方から人生描き方までを真似して見ることもいいかもしれません。

親や仲の良い夫婦を真似してみよう

人は親の夫婦関係をみて成長するので、両親の仲をお手本にしてみると良いですよね。

中には恋愛結婚をした両親の仲が良くない、お見合い結婚だけど、仲むつましいということもあることでしょう。

それでも仲が悪い関係を反面教師にして人間関係を学ぶことができるのです。

一番良いお手本はカップルや夫婦としてうまく関係を築いている友人を参考にすることです。

友人の人間関係の築き方そ参考にすれば学ぶべきことがたくさんあるはずです。

多くは友人の輪で繋がっている夫婦が多く、独身で信用があれば、こうした友達から紹介されることでしょう。