意外と出会いが多い?ロハスフェスタでの出会い方

ロハスフェスタで男女の出会いは期待することができるか?!

環境問題から「ロハスロハス」と叫ばれて数年数十年にもなりますが、ロハスといえばリアルなロハスフェスタでの催しがメインで思い浮かびますよね。

そこでは活動家自らに出会えるということでも面白みがあり人気が出ました。

もちろんですが、出会いの目的が活動そのものになりますが、意外と好みの信条が同じもの同志で意気投合するので、若い男女の出会いとなることも多いようなのです。

では、どういう出会い方があるのでしょうか。

ロハス志向の男女のために男女としての出会いに期待することができるのか、どんな感じで知り合うのかとうことをまとめてみました。

ロハスフェスタに顔を出してご贔屓になろう

よく飲食店の店員さんやオーナーさんとお客さんが知り合うために多社交術として、ご贔屓のショップを作くるという方法があります。

飲食店のオーナー側の立場に立つと、常連さんが欲しいので、このお客さんはご贔屓にしくれそうかどうかという点で見極めていることが多いです。

飲食店を見習うようにして、ロハスフェスタでも自分が好みのショップを決めていたり、普段からファンでよく買い物をしていたりしていると、オーナーさんに声をかけやすいという特典があります。

こうしてご贔屓さんになるということが最も仲良くしやすい方法ではないでしょうか。

普段からメールなどで仲良くなる

オーナーさん1人で運営しているようなところでは、オーナーさんとメールのやり取りをして仲良くしておく。

という手段もあります。

最近はネット上で顔を公開することも普通ですので、親近感を得やすいです。

メールのやり取りだけでは不足するので、できればフェスタに顔を見せて親睦を深めればいいのです。

メールでやりとりしておく、フェスタに顔を出して挨拶を交わして常連さんになるということまでは誰でも簡単に進めることができます。

ともに活動させてもらうという根性があれば、是非に自らに申し出てみれば可能性があるのではないでしょうか。

ともに活動することを目指す

常連さんになればあとは、あまりにも興味が強いのでともに活動していくという遠回しな社交術もあります。

ステイタスな関係性になってからお手伝いをするというよりもずっと簡単です。

ともに活動していけば、そのうち情が移るという可能性もあるからです。

もしも、働き手を探しているのであれば、応募のハードルは低くて簡単ですよね

そのうちにいい関係になるかもしれないのでそばにいるとチャンスはより増えます。

ただし、これはあなたにやる気があるという場合においてだけのことですが。

同じ目標を持つ男女はカップルにもなりやすいのです。

趣味が合うと頻繁に接触しやすい

心理学上では、頻繁に接触をしやすい相手とは恋仲になりやすいとも言われていますが、接触することが大事です。

何度も何度も接触を行うことで、心の距離も詰め寄ります。

そして、同じ趣味の2人では意図的にしろ、無意識にしろ顔見知りになりやすいというメリットもあるのです。

こうした長所を活かして仲良くしやすいのです。

ある程度仲良くなれば、今度は「2人で別のフェスタに顔を出してみよう」とか、「ここへ行ってみよう」というように意気投合しやすいですよね。

自然体の流れで恋仲に運ぶことができるということもまたロハスつながりの大きなメリットです。

価値観の近い相手を探しやすい

ロハス フェスタでは価値観があう相手と出会いやすいと言えます。

特に、結婚相手とはほぼ価値観のようなものが同じであるほうがいいと言われています。

もしも長くお付き合いしたい人間関係を求めるのであれば、こうした出会いの機会では自然体の自分と相性がいい相手と出会う可能性が高いのです。

価値観が合えば、結婚相手ともなりゆる可能性があるのです。

まずは常連さんになるくらいの行動力で近ずいたらあとは自然の流れで、交流関係が進む可能性もあるし、男女関係からアプローチしていけばカップル成立も期待することができるのです。