出会いにロマンスを求める女性の口説き方

口説き上手?女性が求めるロマンティックな出会いとは?

一般的には男女関係において、男性よりも女性の方が現実的だと言われています。

つまり、外見には現れにくくても、内心では男性の方がよりロマンティックな理想を抱いている。

ということが多いようです。

好きな彼女をロマンティックなイベントで盛り上げたいという人は男性側にも多いのです。

こうした男性はロマンスを求める夢見る乙女心を抱いている女性と好相性です。

とくにステイタスな関係になる彼との出会いの機会は重要で、どんな場所で、どんなタイミングで彼と出会ったのか?ということ次第で運命の相手に決めてしまう。

という傾向も多いものなのです。

シチュエーションにとロマンスを求める女性

女性というものは大概、異性との出会いにおいてロマンスを求めるものです。

世間を見渡すと、よくふくよかな女性が主婦業をこなしていることがありますが、超現実的な彼女たちは別です。

ロマンスを求める女性の特徴は未婚者であれば相応の派手なおしゃれを好んでいるということです。

出会いに方にも普通を求めない傾向があります。

例えば、ロマンスを求める女性たちは出会いのシチュエーションにこだわるのです。

バーやパーティなどでの出会い、ホテルのラウンジやプールでの出会いなどと場所を選びます。

街中を歩いているときにナンパされたりして、「ねいちゃんかわいいね、お茶しない?」と若い男性から口説かれても応じない女性たちなのです。

気持ちのいい言葉を言える口説き方を真似よう

男性芸能人の中に「不倫は文化だ」と言い放った俳優さんがいますが、彼は女性を口説くことにつけては名人と言えるようです。

なぜならば、女性相手に本気で口説きにかかるので、言葉に嘘、偽りがないのです。

例えば、その手綺麗だね。

と一言伝えるときも、下心なんて存在していないかのように、ボソッと君の手綺麗だねと言えるのです。

うそ、偽りがない、何気なく照れずに言えるという男性はもはやナルシストや遊び慣れた人であろうと一般の女性は思うでしょう。

プロ彼氏ではなくても、このような口説き方をすると女性に受け入れられやすいです。

不倫は文化だという発言をした男性同様に女性好きだけど、人間性はなぜか憎めないどころか好感があるという印象を与えます。

人前で恥をかかないようにさせてくれる

ロマンティックなことが好きな女性が好む男性の口説き方をには、恥をかかせない、自分のみかたになってくれたということがあります。

人前で大恥をかいたとき、フォローしてくれたという場合女性は心を奪われることがあります。

例えば、1人の女性のことを周囲の前で叱責した人がいるとき、彼女は凹んでしまうことでしょう。

そんなときでも、「さっきのあれもよかったよ」と一言フォローすることができる男性、しかも人前で本気でフォローすることができるような男性がいます。

女性は一気に彼への好感があがります。

もちろん、口説こうとしていなくても、印象に残ることが多いのです。

褒め言葉が多い口説き方

褒められることで承認要求がたかまると言われていますが、女性を褒める言葉に長けている男性はもてます。

しかも、下ネタは外しておき、女性の長所を褒めるのです。

例えばある女性はとても綺麗な手をしていて、過去には手タレタレントさんとしても活躍していました。

彼女は自分の手が美しいと思っているし、誰でもいいので褒められたら気分がいいのです。

また、別の女性においては、美しいバストを持っています。

女性に美意識を求める男性は数多いものの、女性のボディの中で一番美しいところを褒めてあげればいいのです。

そのときは、下心なしで褒めると効果的です。

ロマンティックな口説き文句は話を聞くことから

ロマンティックに女性を口説く方法というと、何か派手なことをする必要があると考えるかもしれません。

花火大会で告白するとか、ホテルのラウンジを利用する、など。

しかしながら、女性にとってのロマンティックな口説き方とは?。

それは、女性の気分を気持ちよくさせることに尽きるのです。

そうなると、彼女からのお願い、リクエストを聞いてあげることかもしれないし、彼女の話を延々と聞いてあげることで実現できることもあります。

彼女が気持ちよ〜くなれば、すべてベストなロマンティックな口説きのスタンスに該当するのです。

よく女性のニーズをつかんだものが勝ちということになります。