出会いは偶然か、必然か?

恋の出会い、偶然と必然どちら本当?

出会いそのものは意図されたものであってはいけないし、偶然と思いたいものです。

しかしながら、恋愛関係の出会いに自然を求めすぎても不自然すぎることもあります。

ストーカーのように特定の異性をマークしておくことはもちろん、健全とは言えない犯罪ですから、してはいけません。

でも、彼女が欲しいなら、好きな相手がいるならば、ある程度目的志向で狙いを定めないと恋愛はつかめないのです。

これは仕事のチャンスでも言えることですよね。

欲しいな。

でもあわよくばでもいいや。

という人にチャンスが訪れることはありません。

あったとしても残り物であることが多いのです。

恋愛関係において必然とは?

必然という言葉はありますが、恋愛関係においての必然は現実ではあまりありません。

もしも必然と考えるなら他力本願で誰かに決断を任せて生きてきた場合になります。

恋愛関係においての必然性をあげると、彼女と幼馴染で過ごして必然的に学生時代からお付き合いして結婚したという事情などです。

この場合、日必然だと感じているのは受身の男性だけで彼女がいろいろ懸命に働きかけたという努力があるはずです。

受け身で言われるままに付き合うことを必然と思っているのですが、実はただ受け身で流されているというだけのことが多いのです。

恋愛の要素に必要な意図とは?

現在はストーカーという犯罪も認識されている時代ですが、片思いも行動次第では立派なストカー行為です。

誰もストーカー行為に会いたい人はいませんが、恋愛の成就には少なからずストーカー気質もエッセンスになりうると言えます。

例えば、男女の出会いの場で、バーで独りの女性に一目惚れをしたとしましょう。

彼は彼女のことが気になりますが、すぐに話しかけることができません。

毎週金曜日になると彼はバーに出かけてゆき、お気に入りの女性と会うように意図的に時間を合わせます。

というように、こうした意図的な計らいは誰もが日常茶飯事で行っている計算です。

あの人が来るから行こうとか、些細なことも含まれます。

つまり恋愛は意図なしでは産まれないのです。

偶然とは都合のいい思い込み

恋愛関係において偶然があるとすれば、相手側が意図しているのに自分が偶然と思い込んでいるか、一目惚れで偶然だと信じたい場合です。

どちらも思い込みによるもの。

まれに、好きな相手と駅で偶然再開したというシチュエーションもありますが、このような場合の偶然とは、知り合いの確率などが言われます。

友人が多いほど偶然に出会う確率が多いということになるからです。

意図しない偶然が欲しいのならば、ガールフレンドをたくさん作るとか、顔をきかせるとか、偶然友人に出会う確率をあげるために行動力をあげるようにするといいのです。

意図的な恋愛を嫌う心理

自然な出会いがいいという人がいます。

自然な出会いとは、意図的ではない出会いということですが、自然な出会いを恋愛関係に発展させられるだけの能力がある男女がいうならば筋が通ります。

しかしながら、恋愛ベタ、内向的、シャイな男女が自然な出会いを求めた場合、出会いの機会を他人が与えてもチャンスを掴むことができないのであれば、ただのやる気がないということになります。

こういう場合、誰かが意図的に仕掛けてあげないと彼女はできません。

例えば、異性を紹介してもらうという場合、意図的すぎて嫌な気分になるなら恋愛自体したくないのです。

意図的か偶然か好きなら関係はないはず

犯罪行為に及ぶような過剰な言動は別ですが、恋愛や出会いに過剰なほど意図や偶然を気にするということは考えものです。

恋愛をしてみればわかりますが、相手がタイプであればどのいうな機会でもチャンスだと思うことでしょう。

出会いのシチュエーションが受け付けないのであれば、自分らしく振る舞える場所に出向くことで、問題は解決します。

図書館で本好きな彼が欲しいならば、図書館に出向けばいいし、好きな相手が図書館に出入りしていれば、自ずと自分も同じ施設を利用したくもなることでしょう。

恋愛関係に意図的か偶然かを求めるのではなく、相手のことに好感できるか否かで見極めるましょう。