良い出会いは時期・場所で決まる!こんな出会いは絶対に逃すな

良縁はいつ、どこで出会うと運命の相手を掴むことができるか?!

今からでも遅くはありません。

もしもあなたが末長く真面目に付き合える、例えば結婚を望む異性と出会うことを望んでいるなら、出会いの場所を限定するようにした方がベストだと言われています。

結婚を視野に入れた出会いを求めているのであれば、異性と出会うべきタイミングも大切になるようです。

先人たちからの例を見ても、出会いの時期や出会う場所次第で男女関係が決まりやすいと言えるからです。

遊び相手と出会いたい場所と、結婚相手と出会う場所は異なるということなのです!あなたが求める異性との関係性次第で、出会いを探す場所を選ぶ必要があります。

仕事が一段落ついた後の出会いのタイミング

まずは、出会いのタイミングでは仕事がひと段落ついた時が一般的です。

例えば、就職して10年経過したとき。

新人という立場も離れて仕事が板についてきた時。

そういう時期を仕事がひと段落した時期と言います。

交流関係が盛んな男性であれば、学生時代の彼女とこのタイミングで結婚することも多いものです。

今まで勉強に学業ばかりで女性のことすら考えたことがないという男性ならば、紹介なりお見合いなりで異性との出会う時期にベストなタイミングです。

このような時期に出会った相手と付き合うと、将来を視野に入れたコミットメントができる相手と付き合えることが可能です。

出会いのタイミングの罠にはまらないように

学生時代は学業に勤しみ、大学生活も真面目にあるいはそこそこに遊んで就職したという場合、そろそろ真面目な相手と出会い、結婚をしたいとなれば相手探しに翻弄するでしょう。

親族の友人、知人から異性を紹介されることもあるでしょう。

真面目で評判がいい人ならば、相手を探しているという事情だけで周囲がおせっかいを焼いてくれます。

もしもそんな恵まれた状況にあるなら、注意しておきたいポイントがあるんです。

幸せを掴みやすい人は、このタイミングで出会った相手との出会いを受け入れる人であることです。

逆に恵まれているのにいつまでも相手探しに時間を費やす人は、もっといい異性がいるかもしれないという幻想をみて結局時間を無駄の過ごすことになります。

良縁に出会う場所はあなたらしい場所がベスト!

誰しもが良縁に恵まれたいと思うものですが、自分が思う良縁と一般にいう良縁が同じよう限らないものです。

もしもあなたが、夜のバーや飲み屋などなど。

そのような場が好ましいという場合には、夜の世界での出会いが期待できるでしょう。

一方で、自分の求める出会いはそんなものではなく、もっと堅い相手と出会いたいんだという場合では、出会いの場所の選び方が違います。

まず、真面目に日の目みた出会いが欲しいのならば、公共性のある結婚相談所、信用できる相手からのお見合い、紹介、同級生、友人関係の中から探すことが望ましいでしょう。

良縁は場所とタイミングどちらも必要

良縁探しの基本は自分の人生航路の中でのタイミングを見破らないことと、出会いの場所を間違わないことにあります。

出会いの場所とタイミングは2点でワンセットになりますから、どちらか一方でも狂うと残念なことに良縁に至らないことも多くあります。

ビジュアルが好みでも年齢に差がありすぎるということや、お互いの本質が違いすぎる場所で出会うと好相性の相手とは出会いにくいのです。

そして、恋愛や結婚は相手ありきで成立をするものですから、相手の異性のタイミングもまた重要になるのです。

自分の人生航路を見ながら、出会った相手との人生航路も確認して折り合いをつけねばならないのです。

同じ相手でも出会いのシチュエーションで決まる

会社の上司、部下、同僚、地元の同級生、バーで出会った異性、各々サラリーマン、OL、友人、ただの女という仮面かぶっています。

どこで出会うと良縁につながりやすいのかな?と考えると普段あなたらしくいられる場所で出会った相手とならお付き合いしやすいですよね。

そして、一時の遊びであればいつでもいいけれども、結婚相手を探すとなればタイミングも必要になるでしょう。

2いつでも結婚相手は見つかるなんて気休めを信じてはいけません。

寿命が長くなっても結婚適齢期はいつの時代でも30代までがベストなのです。

もしも一般の適齢期よりも高齢で出会いを求めるのならば、条件は徐々にハードルが高くなることでしょう。

タイミングを見極めたら、あなたらしい場所に潔く行動あるのみ!