どこからが浮気かの線引きについて

どこからが浮気?人によって違う浮気の線引きとその人の特徴

恋人同士の中で起こる問題のひとつに浮気があります。誰しもが自分のパートナーに浮気はしてほしくないし、そして誰しもが浮気をする可能性があると言えるでしょう。

人間である以上、それは仕方がない事だと言う方もいます。しかしそれでも浮気は良くないと主張する方ももちろんたくさんいます。しかしそもそも浮気とはどこからが浮気と言えるのでしょうか。

特にこれは定義が決まっているわけではありません。人それぞれの意見があります。その人の性格や考え方によって言うことは変わるのではないでしょうか。

よく飲み会などでも話題に上る内容でもありますね。やはりみんなの意見が違うものです。では浮気とはどこからなのか、様々な意見とその意見を持つ方の特徴をあげていきましょう。

やはり浮気は体の関係をもったら

浮気と言って一番先に思い付くのは体の関係を持つことではないでしょうか。この意見が多数を占めるのではないかと感じます。恋人がいるにも関わらず他の異性との体の関係を持ってしまうことです。

体の関係とは元々はお互いが好きであり、信用できるからこそ行う行為とされてきました。その考えがずっとあり、体の関係をとってしまったことを浮気と呼ぶようになったのでしょう。一番一般的な意見であるのではないでしょうか。

この意見に賛成できる方は、それなりの恋愛経験をしてきて、自分の考えてきたことをまとめた結果がやはり線引きはここだと判断したのでしょう。

よく男女の話を友達とするときも気にすることろは体の関係はもったのかと言うところではないでしょうか。それだけ体の関係はキーポイントになるのです。



キスをしたら浮気でしょう

やや厳しいと言う感じもありますが、体の関係と同等ではないかという感覚もあります。浮気はキスをしてしまったらということです。これもそんなに少ない意見ではないでしょう。

感じとしては体の関係ほどの重さはないにしろ、しかしキスは好きでないとしない行為でもあります。そしてキスの延長に体の関係がありますので、人は無意識にキスしたことにより体の関係をもったと感じてしまう方もいるでしょう。

このような意見を出す方は恋愛にはそこまで自信がなく、相手を信じることがイマイチな方。自分にそこまで自信を持ってない方が多くいるのではないでしょうか。決して異性関係がないわけではありませんが、なかなか自分はを表せない方の特徴的な意見と言えます。

プライベートで二人きりの時間を過ごしたら

浮気の線引きはどこという話になって、この意見を出す方は少ないとは思いますが実際にいるのです。恋人に内緒で他の異性とプライベートでの時間を過ごすこと。

確かにそれをされた方の立場になればあまり良い気分にはなりませんね。出きる限りなら止めてほしいものです。

しかしそれを浮気と言われてしまうと意見としては厳しいなと感じる人も多いとは思いますが、しかしこれも浮気だと感じる方もいるのです。二人きりの時間を過ごすことは、その人に気持ちがあるということだから浮気です。そう言われると納得もいきますね。

このような意見を出す方は支配欲の強い方が多いのではないでしょうか。恋人は誰にも触れてほしくないという気持ちがとにかく強い方に見られる特徴と言えます。

他の異性と連絡を取りあっていたら

恋人以外の異性と連絡をとること、それは誰にでもあることだと感じます。昔からの友達もいますし、仕事関係の人との付き合いもありますので。そのような人とは連絡を取り合うことはよくある話です。

しかしその恋人以外の異性と連絡を取り合うことそのものを浮気と言う方もいるのです。たまにのことならまだしも、今ではラインと言う便利なアプリがあるので些細な会話もラインでやってしまいますよね。それが頻繁になってやり取りという流れになります。

仕事なら良いとしても、プライベートでのそれがアウトなのです。そもそも他の異性と連絡をやり取りする理由なんてあるのかという意見なのですね。確かに一理あります。普段から友達の少ない、幼少から人の愛を受けずらかった方にある意見です。

まずは相手の嫌がることはしないこと

浮気はどこからか、どこで線引きするかのいくつかの意見をあげてきました。このように浮気ひとつでも意見は沢山あり、人それぞれで違うものです。その人の生き方や経験から出てくる考え方が違っているのですね。

やはり最後には浮気についても感覚が合う方が最良のパートナーになるのでしょう。自分は体の関係からと言っていても、相手が一緒にいただけでと言ってきたらぎくしゃくしてしまいますね。それは話し合いで決めることでもなく感性なので、相性で決まるものでしょう。

しかし恋愛もいうものは相手あってのことなのです。そこで浮気はどこからということも気にしてしまうところですが、一番考えなければいけないのは相手の嫌がることはしないということではないでしょうか。