浮気を後悔するあなたに!彼女と再構築する方法!

過去には戻れない…でも本当に愛している彼女に許して欲しい!

浮気をしてしまった、そしてそれが彼女にバレてしまった。一度くらいならバレないと思っていたあの日の自分を殴りたい…。はい、本当に過去に戻って殴って止めれるなら良いですよね。しかし、現実はそう、今目の前にあります。

愛する彼女、または奥さんをたった一回の浮気で失いたくない、反省しているのをわかって欲しい、許して欲しい。彼女との再構築を願う男性は少なくないはずです。これは彼女が、その後にとった行動にもよって変わってきます。

考えさせてほしい・距離をおきたい、と言われた場合、一先ず別れずに済んだけど、一緒にいても喧嘩ばかりと言った場合、そして音信不通になった場合、それぞれに対応が変わってきますので、順に解説していきます。

彼女にこのまま付き合うか考えさせて欲しいと言われた場合

浮気の発覚後、彼女に今後の付き合いを考える時間が欲しい、一人になりたい、と言われた場合、貴方には起死回生のチャンスがあります。なぜ彼女がこう言ったのか、それは貴方を”愛しているから”に他なりません。

しかしもう一方で、付き合いを続けた所で、貴方の過ちを受け入れてこのまま付き合っていけるかどうかがわからないのです。浮気発覚前をよくよく思い出してください。何気ない日常の中で、彼女が話していた好きな物、おねだりされたけどないがしろにしてしまった物・事、思い出してみてください。

そして根気強くそれをプレゼントしてください。高価すぎるものは逆効果になりかねません。週に何度か届けれる程度で彼女が重たく感じない程度のものがベスト。ラインは簡単に出来る分、うざいと思われかねませんので、プレゼントと一緒に長すぎないカード程度のもので気持ちを伝えてください。決して答えを焦らせないこと!根気と思いやりが重要です。

別れずに済んだけど付き合いが上手くいっていない場合

浮気発覚後、謝り倒してどうにか別れは回避出来た貴方。しかし、その後の付き合いがなんだかぎくしゃく。彼女が情緒不安定気味になる、束縛が激しくなる、喧嘩が絶えないなどなど。この場合、貴方が方法を間違えると、彼女との関係は終わりへ一直線です。

彼女の気持ちをシンプルに表すと“私は一杯傷ついたんだ、わかれよ、このヤロー!”です。貴方に出来る事は、彼女の痛みを全て受け入れること。いきなり泣き出したり怒り出しても、口を出さずにしっかり聞きましょう。束縛されても受け入れましょう。

むしろ自分から不安にさせないようにしっかり連絡しましょう。過去を何度も蒸し返されて、イライラしてしまうとは思いますが、ちゃんと話を聞いてあげてください。彼女も、自分の気持ちがわかってくれている事がわかれば、段々と頻度が少なくなっていくはずです。

音信不通になってしまい気持ちが伝えられない

浮気発覚後、別れ、そしてその後携帯に掛けてもでない、ライン、フェイスブックはブロックされて連絡が取れない、この場合、再構築はかなり厳しいでしょう。

男女関係なく、浮気をどうしても許容出来ないタイプの人間はいます。そうした場合ですと、一度の浮気でも寄りを戻すのは極めて困難になります。もしくは、彼女は何かしら貴方に不満があって、この浮気で糸がプツっと切れてしまった、ということも考えられます。とれる方法としては、数カ月、もしくは数年先の再構築になるかもしれないというのを覚悟すること。

そして、共通の友人に信用できる味方を一人作ること。その友人に、それとなく自分がどれだけ後悔しているかを伝えてもらい、彼女の様子も探りましょう。

浮気発覚後の再構築に一番重要なのは結局…

それぞれのパターン全てに言えることなのですが、浮気発覚後の再構築は楽ではありません。なぜなら彼女はとってもとっても傷付いてしまったから。

傷の癒えるスピードや、浮気に対する価値観は人それぞれ違います。長くかかる場合もあるでしょう。2,3日で許してももらえないでしょう。全てのパターンにおいて、再構築に最も重要なのは“根気”です。彼女の傷が癒えるのを、忍耐強く待ちましょう。その間、決して焦って自分の気持ちを押し付けたりしないようにしてくださいね。

傷が癒える前に、愛する貴方が自分のことを理解してくれない、と思ってしまったら、彼女の傷を更に深くしてしまいます。貴方にとっても過酷な時期になるとは思いますが、是非、彼女の負の気持ちを受け入れてあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。浮気発覚後の修羅場、ドラマの世界だけかと思っていたことがまさか自分の身に…なんて方もいらっしゃるかと思います。でもバレないと思って浮気をしたのは貴方!一度の気の迷いだとしても、彼女の傷は計り知れません。

過去に戻ってやり直すことはもう出来ません。貴方に出来るのは彼女の傷を少しでも早く癒す手伝いをしてあげるだけ。もう絶対にしないと心の底から誓っても、彼女になかなか信じてもらえなかったり、言っている事が全て嘘かの様に言われて全く信用してもらえなかったり、貴方にとっても辛い時期だと思います。

貴方が誠心誠意彼女の気持ちに向き合い続けて、彼女にそれが届けば、頻度は少しずつ少なくなっていくはず。それぞれのパターンを参考に、頑張ってください。応援しています!