浮気を指摘したら泣くのはクロ?

涙は女の武器。泣きだしたらほぼクロ

浮気を指摘されて泣きだす女性はほぼクロの可能性が高いでしょう。めそめそ泣く、しくしく泣く、激しく泣く。指摘された時の場所、シチュエーションによっては泣き方は変わってくるでしょうが、泣き方は関係ありません。

女性は涙が武器になるということを自分で良く知っています。ましてや浮気を指摘されてそれが図星であれば、涙を見せることが一番効果的です。男性も泣き出した女性を前にそれ以上の指摘はしずらくなるのではないでしょうか。そんな男性の生態をよく知っているからこそ女性は泣くのです。

可愛い彼女が目の前で泣き出した、そんなことでオロオロしないでください。男性側が取り乱せば女性の思うつぼです。涙をみせて男性を慌てさせ、浮気の事実をうやむやにする、それこそが彼女たちの目的なのです。

浮気をしていない場合の女性の反応

それでは逆に浮気をしていなかった場合には女性はどのような反応を示すのでしょうか。

男性からの浮気の指摘が事実無根であるのなら、女性は必ず怒るでしょう。感情的になって怒り出すかもしれません。無口になって呆れるかもしれません。

このように、女性は本来、事実無根の浮気を疑われたら必ず怒りの反応を示します。特にお付き合いをしている男性にならなおさらです。浮気をしていないにもかかわらず、疑われる。女性にとってはこの上なくプライドを傷つけられる最悪な行為です。

身近な彼氏に信じてもらえない、自分を理解してくれない。そのような感情が真っ先に沸き上がり怒りにつながるのがごく自然の反応です。浮気を指摘する時にはこの初動の反応を見逃さないようにしてください。

シロなのに泣いてしまう場合その①

そうはいっても例外はあります。一つ目の例外としては、男性からの指摘があまりにもしつこいときです。

何度も弁明しているのに理解してもらえない。自分は浮気なんかしていないのに信用してもらえない。男性があまりにもしつこくネチネチと指摘を続けると、女性はこのような感情を抱いてしまいます。そのまま悲劇のヒロインモードへ突入、泣いてしまうというパターンです。「大好きな彼氏に信用してもらえない可哀そうな私」という思考に陥ってしまうからです。

このケースではシロの女性でも泣いてしまうので、見極めは必要です。女性は感情的に怒りながら徐々に悲劇のヒロインモードへ突入するので、指摘開始からの時間経過を観察するようにしましょう。

すぐのタイミングで怒り→泣き出すはクロの可能性は捨てきれないので、指摘した直後から彼女をしっかりと観察するようにしてください。

シロなのに泣いてしまう場合その②

二つ目の例外です。普段から何かあればすぐに泣くタイプの女性です。彼女は普段どうでしょうか。デート中でもすぐに泣きだす、ほんのささいな喧嘩でも泣き出す、そんなことはないでしょうか。

このタイプはやっかいです。シロかクロかの判断が難しいからです。とりあえず泣けばややこしい話から逃れられる、泣けば彼氏は何でもいいなりになる、意識的にか無意識的にかそういう考えになっているからです。

たとえ浮気をしていなかったとしても、指摘が面倒だから条件反射で泣いてしまう、そんな状況です。この場合には浮気の有無は別として、お付き合いを再検討することをお勧めします。

なぜなら、今後も何かあっても彼女とは建設的な話し合いは無理だからです。男性側が普段からなめられている、そういうカップルなのでしょう。

シロなのに泣いてしまう場合その③

三つ目の例外としては、女性がもう別れたいと考えている時です。そんなときに浮気の指摘をされれば女性としてはチャンス以外のなにものでもありません。

浮気をしていないのに一方的に攻める男性。潔白なのに責められてつい泣いてしまう。そんな理解のない人とはもうお付き合いは続けれません。このような流れを目論んでいます。女性は別れる時に自分が悪者にはなりたくはありません。

そんなときに男性が勝手に浮気を疑い責める、そんな素敵なシチュエーションはありません。付合いを続けるつもりがないので怒りの感情もないので、すぐに泣きだして男性を悪者に追いやる手法なので気をつけてください。

また、このケースですと浮気以前の問題ですので、その辺は別途解決するよう努力してください。

指摘するときには彼女の感情の変化を冷静に観察して!

彼女に浮気していないか指摘する場合には、指摘直後の彼女の感情の変化を詳細に観察してください。

基本的に普通のカップル間であれば、浮気を指摘されたら女性はまず怒り出します。もし泣くとしてもひととおり怒りの感情をだした後になります。それは愛情の大小にかかわらず、男性としっかりとお付き合いをしているという自覚からくるものなのです。

そういうわけで、浮気を指摘してすぐに泣きだす場合にはクロと疑っていいでしょう。仮に浮気をしていなかったとしても、カップルとして別の問題をはらんでいる可能性が高いので注意してください。

また、彼女が感情的になってしまったとしても、男性側はつられて感情的にならないように冷静に対応するようにしましょう。