浮気された!彼女だけじゃなく相手にも復讐したい!何が出来る?

浮気相手にも腹が立つ!懲らしめたい!

彼女に浮気をされた場合彼女に復讐をしたい、懲らしめてやりたいと思いますよね。
彼女に復讐をする場合、自分も浮気をしたり、一度浮気を許してラブラブに戻ったときに振るなど様々な方法で懲らしめることができるのです。

しかし、彼女だけではなく浮気相手にも腹が立ちます。
彼女が「彼氏はいない」と嘘をついていたのであれば、浮気相手を憎む気持ちも少しは落ち着くものですが、
彼氏がいる事を分かったうえで、浮気相手として関係を持っていたのなら尚更復讐してやりたいと思うものです。

ですが訴えられたり、警察沙汰になることはしたくないですよね。
だからといって何もしないというのも腹の虫が収まらないものです。
では浮気相手にできる復讐はどんなものなのか紹介していきたいと思います。

彼女のフリをしてメールやLINEをする

彼女が浮気したことを認めているが、浮気相手にはまだバレていることを知られていない状況のときに使える方法です。
彼女のスマホから浮気相手に連絡をします。

普段彼女が使いそうな言葉で「○○君って頭悪いよね」「○○君と一緒にいると私まで駄目な人間になりそう」など色々な言葉で浮気相手を落ち込ませることができます。
そして最終的には別れ話を切り出しましょう。

そうすることで彼女と浮気相手を別れさすことができ、尚且つ復縁の可能性を下げることができます。
小さな復讐ではありますが、確実に効果が期待でき憂さ晴らしにも繋がるのです。

しかしこの方法で復讐する場合の注意点があります。
それは自分が彼女のフリをして連絡していることを絶対に浮気相手には知られてはいけないということです。

知られてしまった場合、浮気相手が「そんなことをする彼氏なんて別れて俺を選びなよ」と彼女に言ってしまう可能性があります。
そうなると浮気相手と彼女が被害者で自分が悪者になってしまうのです。

最後まで自分が被害者であるためにはばれないように注意しましょう。

浮気相手の目の前で彼女へのプレゼントを破壊

この方法は浮気相手が彼女へ送ったプレゼントを浮気相手の前で破壊するというものです。

しっかりと相手に説教をした後、持参した浮気相手からのプレゼントを壊しましょう。
浮気相手のプライドも崩れ、さらに破壊行動はストレス発散にもなります。

ですがヒートアップして他の物を壊したり、浮気相手に手を出すなんてことはしてはいけません。

もし彼女が浮気相手にプレゼントをもらっていない場合は思い出の品を持参しましょう。
彼女と浮気相手の交際期間が短くても、思い出の品のひとつやふたつあるはずです。
思い出をひとつひとつ消していくイメージで壊すと気持ちがスッキリします。

しかしここで注意が必要なのは、彼女が所持しているプレゼント、思い出の品ということです。

浮気相手が渡そうとしていたプレゼントがあったとしても、本当に彼女にあげる予定のものなのか確信がありません。
思い出の品についても、もともと浮気相手が持っていたものかもしれないので壊すのはやめておきましょう。

浮気相手の家族へ告げ口

これは浮気相手の実家の住所が分からなければ不可能ですが、かなり効果的な手になります。

「お宅の息子さんが、自分の彼女と浮気をしていて別れさせたいのです。将来は結婚を考えているので・・・」
と告げ口をするのです。
その言葉を聞いて、本当に別れさせてくれるとは思わないほうがいいでしょう。
そんなことは本人同士で話し合ってくれと思う家族が多いはずです。

しかしこの方法は家族に浮気を止めてもらうというのが目的ではありません。

知らない男性が家に来たことを家族は浮気相手に報告するはずです。
自分の男女関係が原因で家族にも迷惑がかかると思えば彼女との交際も止め、さらに家族にそんな相手と交際していることがバレて少しは反省してくれます。

小さな復讐のわりにかなりの行動力が必要ですが、家族に告げ口することで気持ちはスッキリするのです。

呪術を使い浮気相手を呪ってみる

呪いは本当にあるのかを試すにはもってこいのチャンスですね。
簡単にできるものから大掛かりなものまで沢山のやり方があります。
呪術の方法が載っている本やサイトもたくさんありますので調べて実際にやってみてください。

呪いは科学的に一切証明されていません。
しかし浮気相手を呪うのは効果的な方法でもあります。
それは呪いの影響があるからではなく、浮気相手に呪いを掛けてやったという事実が自分を落ち着かせるために効果的に働くからです。

もし浮気相手の住所や名前が分からなかったら復讐しようにもできません。
でも復讐しなければ腹の虫が収まらない場合があります。

そんなときにこの方法を取ることで復讐を果たすのです。
結果的に浮気相手に悪いことが起これば嬉しいですが、あまり期待せず待つようにしましょう。
呪いの効き目を待っている間に復讐したいという気持ちは薄れていくはずです。

復讐は復讐を呼ぶ

浮気相手に復讐したとしても気持ちがスッキリするのは一時だけです。
後から「どうしてあんなことをしてしまったんだろう」と後悔してしまうより、綺麗さっぱり忘れて楽しいことに時間を使った方が気持ち的には楽になります。

もし浮気相手に復讐したとして、それを恨んだ浮気相手があなたに復讐をしかける。そんなことにもなりかねません。
暴力は暴力を生むとはよく言いますが、復讐もまた同じで復讐を呼ぶだけなのです。
そんな連鎖になってしまえば抜け出せなくなります。

もしどうしても復讐をしたいと言うのであれば止めませんが、ほどほどにするようにしましょう。
訴えられたり、警察沙汰になるようなことがあればあなたが悪者になってしまいます。

悪者にならない為にも、なるべく浮気相手には説教する程度で我慢するようにしてください。
そうすることで人間としても大きく成長できるのです。