浮気した相手も好きな人?

浮気相手も彼女も両方好きな男性は、本当は誰が好きなのか?

彼女のことは大好きだけれど、始めは遊びのつもりだったはずの浮気相手のことも、好きだと自覚した場合、男性としては「出会う順序が違うだけで浮気相手も愛している」と思いますよね。

特に結婚していない場合は、選択の自由だから、という言い訳も出来そうです。

でも彼女が、二股をかけられていると知ったら怒りと悲しみでいっぱいになります。

信じていた男性に裏切られたのですから。

「私もその女性も、同じくらい好きなんだから仕方ないわよね」
なんて、二股を公認する女性は、そうそういません。

反対にそんな寛容な女性は、自分も浮気をしているのか、そろそろ彼氏と別れてもいいかなと考えていた可能性が高いです。

そこで、浮気相手も本命彼女も選べない男性の気持ちと、女性の気持ちを改めて考えてみることによって、どうしたら良いのかをご提案します。

本気の恋愛をしている女性の観点が入りますから、ちょっと重くて厳しめかもしれませんが、もし浮気相手も好きになってしまったときは、解決の一助としてください。

浮気相手も好きという心理を考える

浮気相手も彼女も二人とも好きだというのは、どういう気持ちなのでしょう。

結論から言えば、浮気相手も彼女のことも、それほど真剣に好きではないと言えます。

これが「浮気相手が好き」となれば、心変わりであって、浮気という出会い方は、褒められたことではないかもしれませんが、仕方ないと言えます。

しかし、両方好きで選べないという場合、結局は自分が一番好きなのです。

もちろん、誰しも自分が一番大事ということはありますし、自分の気持ちを大切にすることも重要です。

けれど、本当に彼女が好きならば、彼女が苦しむ原因になるようなことは出来ないはずです。

彼女の苦しみが自分のことのように苦しいからです。

二人の良いところだけ貰う、つまり、一人にない部分をもう一人で補うというのは、自分の満足中心に考えていると言えます。

自分の満足中心でも悪いことはありませんが、もしばれてしまえば、女性側からすると、常に比較されたり、都合よく操られていたんだなとなるわけです。

また、もう一人の女性とキスしたり、いちゃついていたと思えば、かなり大きなダメージです。

ばれなければ良いと思うかもしれませんが、女性は男性よりずっと勘が鋭いです。

それに浮気相手が、別れて欲しくて彼女にぶちまけることもあります。

そこに考えが及ばない、若しくは、彼女が悲しむよりも自分の欲望が大事というのは、やはり、そこまで彼女たちに思い入れはないと言えます。

女性が愛する男性に求めること

それは、誠実です。

もちろん、かっこいい、エスコート上手、包容力など、男性に求めるものは女性により様々ですが、最後に行きつくところは誠実さといえます。

なぜなら、信頼の上に人間社会は成り立っていると言えるからです。

いいか悪いかは別として、その究極な表現が結婚かもしれません。

中には本気で、
「あなたの自由にしていいよ。

私も自由にするから、お互いに干渉しないようにしましょう。


と言える女性がいますが、少数派です。

そのような女性ならば、浮気相手も好きという男性とも、問題なく付き合えるでしょう。

お互いに同じ価値観なので、この世の中で優勢な、浮気は悪いという価値観にとらわれずにすみます。

けれど、大多数の女性は、恋人になったら誠実に付き合いたいのです。

男性側だって、本気になった女性に対しては同じではないでしょうか?

どちらかを選ぶか、両方と別れる

やっぱり彼女と育んできた時間は何ものにも替えられないと思い直し、浮気相手とは別れることを選択する人もいますが、どちらとも別れたくないから隠し続ける男性もいます。

けれどその場合、浮気相手も本気になってくることも多いでしょう。

すると最初は負い目があり、彼女に遠慮していた浮気相手も、積極的になってきます。

もっと一緒にいたいとか、彼女よりも優先してほしいと言い出すことも十分考えられます。

それなので、よほど器用な男性でなければ、いつかどこかで綻びが出ます。

そして発覚すれば、彼女は裏切られたと感じて、傷ついて怒ったり泣いたりするかもしれません。

そして隠していた期間が長ければ長いほど、ショックは倍増します。

それなので、彼女に少しでも誠実でありたいとするならば、だらだらと長引かせずに、どちらか一人の女性を選ぶしかないのです。

選ぶのは彼女でなくても仕方がないことです。

二股をかけ続けられて、挙句の果てに発覚して苦しむよりも、好きな人ができたから別れたいと、すっぱりと切り出した方が、まだましです。

もし選べなければ、両方と一度別れた方が良いでしょう。

別れて連絡を絶ち、一人になって、自分にとって誰が大切な人だったかを考えてみましょう。

二股が発覚しても別れない女性もいますが…

もし二股が発覚した場合、女性の多くは悩み苦しんだ末、別れを決断することが多いでしょう。

けれど中には、それでも別れないという女性もいます。

本来、二人とも好きで選べないと言う男性は、女性にとっては信頼し難いです。

男性だって、女性が一人に絞れないから二股を許してほしいと言ったら、穏やかな心ではいられないでしょう。

女性の場合、子どもを産み育てる気持ちが本能的に強い分、男性よりも、恋人を一人に絞る気持ちが強いのです。

その上で、二股している男性を許し、自分のところに帰ってきてくれるまで待つという女性ならば、それだけ彼氏への気持ちが強いのです。

今後、二股を公認されて自由になり喜ぶのか、そこまで言ってくれる彼女の気持ちを考えて、彼女の元に戻るのか、浮気相手の方に気持ちが傾くのかは、男性次第となります。

けれど、もしかすると女性の方が愛想をつかす恐れもあります。

二股で苦渋を味わってきた女性が、ある日、本当に自分のことを大切にしてくれる男性と出会った時は、魔法が解けたように迷いなく、その男性の元に走るのです。

経験は大切ですが、相手の気持ちを考える想像力も必要です

男女が付き合うことで、色々な気持ちや出来事を体験し、こういうことがあるんだな、こうされたら傷つくんだ、最初は満足だったけれど違っていたようだ、などと気付くことは沢山あります。

体験して、だんだんと他の人の気持ちや自分の気持ちを知るわけです。

最初から全て円満にやっていける人もいますが、多くは練習が必要です。

けれど、経験が大事と言っても何をやっても良い訳ではありません。

それだからこそ相手の気持ちを想像することが大切です。

彼女が傷つくと思えば、自制心を働かせて踏みとどまる選択もあったのです。

しかし、浮気相手も好きになってしまったという現実は変えられません。

そして、どちらか選ぶ、または選べない時はもう一度考えてほしいことがあります。

それは、浮気相手のことが好きという気持ちが、一時的なものなのか、この先ずっと彼女として付き合いたいのかを、改めてよく考えることです。

勢いだけで浮気相手にのめり込んで、男性側が遊ばれているということもあり得ます。

冷静になってみてください。

そして、今まで過ごしてきた彼女との時間が、楽しくて幸せだったことを、最後にもう一度だけ思い出してみてください。