浮気相手が友達と言い訳したらどう対処すべき?

彼氏が浮気相手を友達だと言い訳したらどう対処すべき?

彼氏が女性と一緒にいたり特定の女性とばかり連絡を取り合っている時、思わず浮気を疑ってしまいたくなるのが彼女というものです。

完全に疑っているわけではないとしても、「浮気だったらどうしよう」という不安からよけいなことばかり考えて彼氏のことを信用できなくなり始めてしまうこともあります。

しかし、もしそれが本当に浮気相手だったとしても、彼氏は正直に告白するはずもなく「友達だよ」と説明してくるに決まっています。

その時に彼女としてどのような対処をすれば正解なのでしょうか。

そのまま信じていいものか、はたまた問い詰めるべきなのか、信じたフリをして仕掛けるという方法もあります。

今回はそれらの対処法をいくつか提案していきましょう。

今度一緒に遊ぼうと誘ってみる

彼氏が相手女性のことを「友達だよ」と言ったからってそのまま安心してしまう彼女はそれほどいるでしょうか。

こちらの方から「あの子って友達?」と確認をしたのであれば、すでに心の中で浮気相手かもしれないという不安が膨らみ始めてついに我慢ができなくなり、覚悟を決めて確認したという証拠です。

それならどうせ友達と言うだろうと予想もできており、何て言ってくるかよりも彼氏の動揺する様子を見て確信を得ようとか困らせてやろうなどというのが本音ではないでしょうか。

このように浮気をされたショックよりも彼氏を懲らしめてやりたい気持ちが強いのであれば、わざと「友達なんだぁ」と騙されたフリをしてやりましょう。

そして、「だったら今度みんなで遊ぶ時に誘おうよ!」と提案してみてください。

彼氏は何とかして阻止しようとしてきますが、友達なら嫌がる理由もないはずです。

これを機に大勢で遊ぶのを止めるようもっていき、彼氏の行動範囲を狭くさせることで浮気もしにくくなるのではないでしょうか。

友達でも嫌なものは嫌だと伝える

彼氏が友達だと言ってきたとしてもやきもちや疑いはなかなか消えません。

彼氏を好きだからこそ簡単には安心できないのです。

その思いを素直に彼氏に伝え、自分がいかに彼氏を好きでいるかわかってもらいましょう。

この時、彼氏が自分に向けられている愛情の重さに辛いと感じるような伝え方をしてはいけません。

わがままな言い方ではなく、「女友達だとすんなり理解してあげられないやきもちやきな自分でごめんなさい」というようにあえて控えめに出るのです。

嫌なものは嫌だということと、そう考えてしまう自分はもっと嫌で辛いんだということを訴えかけましょう。

心の葛藤をただぶつけてしまうと喧嘩にもなりやすいですが、うまく処理できない自分が至らないのだとしてしまえば冷静さを失っていないと思ってもらえるので相手もちゃんと向き合わなければと思ってくれます。

また、そんな謙虚な彼女を見て浮気に対する罪悪感も襲ってくることでしょう。

目の前に相手がいるなら友達発言を強調する

もし浮気相手の目の前で「この子は友達だから」と説明してきたのだとしたら、「友達なんだ!そうだよね!」と彼氏の友達発言をはっきりとした口調で強調して相手女性をへこませてみせるくらいの余裕がほしいところです。

彼女がいることをわかっていての浮気だったなら相手女性もその場では何も言えません。

しかし、表情を見れば友達だと言い切ったことにイライラや悲しみでいっぱいなのは伝わってきます。

それを確認した上で彼女という余裕を見せるべく笑顔で彼氏にくっついてやればいいのです。

同じ女性として好きな男性にこうきっぱり友達だと言われてしまったらショックだろうと想像できます。

しかし、決して同情などしてはいけません。

浮気をする彼氏は悪い男ですが、彼女がいることを知らなかったのだとしても相手女性を甘やかせる必要もないでしょう。

言い訳なんて聞きたくないなら強い気持ちで臨むことです。

どうやって知り合いどんな関係なのかを問い詰めてボロを出させる

いくら聞いても「友達」の一点張りならどうやって知り合ったか、どんな関係なのかを問い詰めてボロを出させるしかありません。

知り合った時期や経緯を聞けばその頃の彼氏のおかしな言動も納得できて証拠として後から突きつけることもできますし、どんな関係でいるのかを聞いてどのくらいの頻度で会っているのかを知ればどちらが本命なのかも見えてきます。

聞けば聞くほど傷つく結果となる可能性もありますが、彼氏との関係をはっきりさせるにはそこがわからなければ無理な話です。

ただ、問い詰めてもなかなか言いたがらないのは目に見えています。

こんな時は相手が警戒しすぎないようにあっけらかんと聞くのが一番です。

「あの子可愛いけど彼氏はいないの?」なんて世間話のように軽く話し、時折聞きたい本題に戻してみて…というように繰り返してください。

浮気だと決めつけてピリピリムードを作るよりもこの方が気分良くボロを出してくれるかもしれません。

浮気した彼氏との未来のために余裕を見せてこちらを選ばせる!

浮気した相手女性のことを友達だと言ってくるのはもはや当然と言えば当然のことです。

もちろん認めない彼氏の態度にはイラッとしてしまいますが、そこで感情的になって喧嘩をしたところで起きたことは変わりませんし、冷静さを失くして口汚く罵ったりしてしまうと彼氏の心は完全にこちらから離れていってしまいます。

離れていっても今の彼氏には別の行き場があるのですから、いつも以上に別れという結果にもなりやすいでしょう。

彼氏を好きという気持ちが消えていないのであれば、こんな悲しい結末も頭に置きながら彼氏の前では余裕ある対処をしてください。

彼氏の友達発言を信じようとする健気さと、こんなことがあってもなお彼氏が大好きであるということを可愛らしい言動によってしっかりと伝え、あらためてこちらを選ばせましょう。

これを機に嫌いになってしまったならそこまですることもないですが、せめて思い出だけでもきれいなまま残しておけるようなマナーある終わり方を意識したいところです。