浮気が原因で別居。生活費は払う義務がある?

浮気が原因で別居したら生活費は払う必要はあるの?

浮気したりされたりした場合、すぐに離婚になるケースもあれば別居になるケースもあります。

別居になった場合様々な疑問が出てくるのですが、一番気になり知りたくなるのが相手の生活費です。

自分が浮気をした場合なら自分が悪いことをしたわけですので生活費の支払いに応じるのは当たり前だと考えますが、相手が浮気をした場合だと払いたくないと思う人が多いです。

別居の際に大きくもめてしまうポイントの一つがこの生活費に関することなので、実際どうするべきなのかを予め知っておくことがおすすめです。

では相手が浮気した場合は生活費の支払いが必要とするのでしょうか?
法律で別居時の生活費がどのように決められているのかをご紹介します。

相手が悪くても生活費の支払いが必要

いくら相手が浮気をして別居になったとしても生活費負担が必要になってきます。

結婚すると婚姻費用分担義務が発生するようになっており、お互い助け合って生活していかなければいけません。

離婚するとこの婚姻費用分担義務がなくなりますので生活費を負担しなくても良いけれども、別居の場合はいくら一緒に住んでいなくても離婚していないため婚姻費用分担義務があります。

そのため、どんなに相手が悪いことをしたとしても別居後の生活費の負担をしなければいけなくなります。

ただし、どんな状況でも負担をしなければいけないわけではなく、特定の条件に当てはまると負担しなくても良くなりますし、逆に負担して貰える場合もあります。

必ず夫が妻の生活費を負担しなければいけないわけではないので覚えておきましょう。

自分に収入が少なかったり相手が多く稼いでいると不要

生活費負担をしなくても良い条件となるのが、相手の収入が自分と同じくらいだったり多かったりする場合です。

婚姻費用分担義務はお互いの収入で生活費の分担をしましょうという義務になるため、必ずしも夫が妻を支えなければいけないわけではありません。

もし夫の収入よりも妻の収入のほうが多かったり一緒ぐらいになると分担する割合が一緒もしくは相手が多くなるため、生活費を渡す必要がなくなります。

そして自分が働けなかったり収入が少なくて生活することが困難となると、妻の収入に応じて生活費を負担してもらうことができます。

このように相手の収入と自分の収入に応じて負担しなければいけないのかそれとも負担してもらえるのかが変わりますので、相手の要求にすべて応じるのではなく話し合いをして生活費分担をどうするのかを決めるようにしましょう。

相手の有責は生活費に影響する?しない?

相手が浮気しても生活費負担が必要になるけれども、相手が浮気など有責により別居した場合は生活費に影響するかどうかが気になるところです。

実はいくら相手がとんでもなく悪いことをして夫婦関係を破綻させたとしても別居の生活費には影響を与えません。

別居も離婚もそうですが、相手が有責になった場合大きく影響してくるのが慰謝料のみです。

財産分与にも影響を与えませんし、養育費についても影響を与えることはなく、親権についてもほとんど影響が出ません。

別居の生活費も原因を作ったのは相手だけれども、別居になっても同居をしていても負担することには変わりがないため、相手有責でも影響を与えず収入面だけが関係してきます。

された側にとって辛いかもしれませんが仕方なしと考えておきましょう。

相手がいらないと言った場合はどうなる?

別居をした際相手が生活費はいらないということがあるのですが、その場合本当に支払いしなくてもよいのかどうかが気になるポイントです。

ではどうするべきなのかですが、本来なら払うことが必要だけれども相手が望んでいない場合は支払いしなくても良いです。

婚姻費用分担義務は守らなければいけない法律ですが、しかしどんな状況でも守らなければいけないわけではありません。

お互い同意をしていれば払う必要がありませんし、また、どんなに相手が収入が多くても生活費負担をしたいといい相手も同意すればこれもまた負担の割合を守る必要はありません。

相手がお金に困ってしまいどうにもならない状態になった時は助ける必要はありますが、その状態にならず不要だと言っているようでしたら払わずに様子をみましょう。

別居も同居と一緒と考えておこう

別居は一緒に住んでいないだけでその他は一緒に住んでいると同じです。

生活費の負担は当然必要となってきますし、子供のことも一緒に考えどうするのかを決める必要もあります。

どんなに相手が悪くても、そしてどんなに自分が悪かったとしても助け合って婚姻費用を分担することに変わりがありませんので、相手の収入状況により負担していきましょう。

ただし、あくまでもこれは結婚後に浮気され別居となった場合のみです。

独身で同棲していたけれども浮気され別居となった場合は別で、婚姻費用分担義務が発生しないためどんなに請求されたとしても支払う義務はありません。

自分の意志で助けるのかどうかは自由ですので、よく考えて助けるべきなのかどうかを決めましょう。