浮気の濡れ衣の弁解術

勘違いや思い込みで浮気の濡れ衣を着せられることがある

浮気をしていないのに、浮気をしていると疑われるようなこともありえます。

そういったときには本人の気持ちは非常にショックでしょうが、相手の勘違いをなんとか解いてやる必要があります。

自分は浮気をしていないのに、浮気をしているとそんな風に思われたら、さすが気分が悪いのでしょうし、なんとか対処をする方法はあるのでしょうか?
浮気をしていないのに、そういった濡れ衣を着せられた際の弁解術を身に付けておくと、そういう疑いを持った相手を捻ることができる可能性がありますから、そういう部分についてのテクニックをしっておいてほしいです。

浮気をしているという証拠を出せと言う

浮気をしていないのに、していると思われている状態での最も有効な弁解術は証拠を求めることです。

証拠がないならば、自分が浮気をしていることにはならないというのが、最も確実な対処法で、本当に浮気をしていないならば、証拠が出てくるはずがないので、ほぼ100%相手が言い返せない状態になるでしょう。

濡れ衣を着せられているような状況では、証拠がないことが最大の弁解になるでしょう。

証拠がないのに、浮気をしていると言っているならばそれはさすがにおかしいので、証拠が出てこないことが、浮気をしていない最大の証拠になると考えておきましょう。

浮気のラインが厳しすぎるという主張をする

浮気の濡れ衣を着せられた場合に、浮気をしていると主張している人の基準が厳しすぎる場合があります。

詳しく話しを聞いてみると、自分がパートナー以外の異性と一緒に歩いているのを見ただけとか、それで浮気をしていると決めつけているケースも考えられます。

仕事などで異性を一緒に歩くことはあるでしょうし、それは浮気をしている証拠にはならないでしょう。

したがって、こういった状況で自分が浮気をしているとパートナーが主張してきたときには、その基準は厳しすぎると、それじゃ浮気をしていない人間の多くまで浮気をしていることになってしまうと弁解をすると良いと思います。

探偵にでも依頼をしてはっきりさせようと言う

浮気をしていないのに、浮気をしていると疑われたときには、それをはっきりさせる手段に訴えるというのも手です。

そして、探偵などに依頼をして、自分が浮気をしているのか?どうかの調査をさせるということを言うと、自分がいかに浮気をしていないか?という自信をのぞかせることになります。

これだけ自信を持っている中では、パートナーはさすがにこれ以上は浮気をしているはずだと強気には出られないはずなのです。

つまり、自分がいかに浮気をしていないか?という自信を見せること自体が、一種の弁解になり、それによって濡れ衣を晴らすことができる可能性があります。

パートナーへの愛情がちゃんとあるという根拠を持ち出す

浮気をしていないのに、浮気をしていると疑われたときには、浮気をしていない証拠というのはないと思いますけど、今でもパートナーのことを愛していると言える根拠を持ち出すのも1つの策です。

例えば、スマートフォンの中に思い出の写真が入っているとか、貰ったプレゼントをこうして今でも使っているなど、ちゃんと恋人や配偶者への愛情がちゃんと今でも残っているということをアピールするというのは、弁解術の1つになります。

したがって、どうしても浮気の濡れ衣を着せられたときにはそうやって弁解をすると効果的な場合もあると言えると思います。

浮気の濡れ衣を着せられたときには対処が難しい場合もある

浮気の濡れ衣を着せられた際にとるべき対処法としては、証拠はあるのか?という反論をすることで、基本的には証拠は出てこないでしょう。

だから、探偵に依頼をしてはっきりさせるという提案も有効になります。

あとはそもそも浮気の線引きが厳しすぎるとか、今でもちゃんと愛しているのだから浮気をする理由がないというアピールをするのも良いと思います。

こうやって浮気の濡れ衣を着せられた際の弁解術はちゃんとあるものの、1度疑った相手の誤解を完全に解くのは厳しい可能性もあります。

疑い深い性格を矯正することは厳しいですし、先入観で浮気をしていると思い込んでしまっているので、本人が誤解であることを認めるか?どうかは分からないのです。

だから、そういった相手の場合には、弁解をすることは可能でも、こういうトラブルは割とあるものだと思うしかないということも言えます。