浮気しても許されやすい年齢

浮気を許してもらえるか?どうかは年齢も関係する

浮気をして、それがバレた場合には許してくれるか?どうかというのが気になるのではないか?と思いますが、それは相手の性格などがまず重要です。

浮気に関して、人の失敗に関して寛容か?どうかが重要になります。

しかし、そういった部分に加えて、さらに重要なのが年齢です。

年齢というのは浮気をした人の年齢で、浮気を許してくれるか?というのは相手の性格による部分が大きいですが、そういった部分とは別にさらに関係するのは当事者の年齢になりますから覚えておきましょう。

しかし、浮気の寛容度に関してはどうして年齢が関係してくると言えるのでしょうか?

浮気をした人の年齢が若い方が浮気は許してもらいやすい

浮気をしてしまったとき、自分の年齢が若い方が基本的には許してもらうことがしやすいでしょう。

それはどうしてか?というと、若い方が失敗をしょうがないと考える人が多いからです。

基本的に人間の思慮というのは年齢を重ねるごとに深まっていくはずです。

そうなると、自然と若い人の場合には失敗をしてしまう率が高くなるわけですから、その部分を踏まえて、しょうがないと思ってくれる人の割合は高くなります。

そういったことが理由で、浮気をしたときの年齢が若いときの方が、その浮気を許してくれる人の割合は高くなると言えると思うのです。

何歳までならば許してもらいやすいのか?

浮気をしても若い人ならば、それだけ許してもらいやすいということが言えますけど、実際許してもらうことが可能な年齢というのは何歳まででしょうか?
人によって異なる部分ではあるものの、しょうがないと思ってくれる割合がある程度高いと思われるのは20代まででしょうか?
20代までは年齢的にも若いと言えますし、大人ではあるけれども思慮が浅い人がいても不思議じゃないと感じられる年齢ではないか?と思います。

20代までならばギリギリで、30代以上になると許してくれる人の割合は一気に減りそうです。

ただ、20代でも許してくれない人はいると思うので、そこは注意ですが。

30代以上になると人の失敗に厳しくなる

30代以上というのは20代と比べると結婚をする人も圧倒的に増えますし、子供が生まれて子育てをしないといけないということで、より責任感を持つような年代と言えます。

実際は29歳と30歳では1つしか年齢が違いませんが、20代と30代ではイメージが全く異なるということになり、それが浮気に対する寛容度の違いを生むということになるのです。

イメージというのは結構大きく、年齢の10の位が変わるというのは人の心理面に大きな影響を与えるのです。

だから、30代以上になると浮気に対して非寛容な人が増えるというのは、そういった部分が関係していると思います。

一緒に過ごした時間が長いほど裏切られたと感じやすい

浮気をした人の年齢が上がるほどそれを許さない人の割合が高くなるというのはもう1つ理由があって、それは一緒に過ごしてきた時間がより長くなるからです。

浮気をした人の年齢が高い状況というのは、特に配偶者がいる場合において、その相手とより長い時間を今まで過ごしてきたという傾向があると言えます。

年齢が高いほど、それまでの結婚生活が長いという傾向があると言えますが、そういった一緒に過ごす時間が長かった状態で浮気をされると、その行為を裏切りと感じる程度が強くなり、怒りがこみ上げてきやすくなるのではないか?と思うのです。

浮気は若いときには修復ができるが年齢が上がると厳しい

浮気をすると基本的には怒られるでしょうし、夫婦や恋人関係にひびが入りやすいです。

それを修復することができる場合もありますけど、一般的に若いときにした浮気じゃないと、それは厳しいのではないか?と思われます。

したがって、年齢が上がれば上がるほど、浮気をすると修復が厳しくなるということを肝に銘じて過ごさないといけないということになります。

浮気をしたい衝動が起きるかもしれないですけど、それをなんとか抑えて今の恋人や配偶者と円満に過ごしていくことができればそれが1番良いのではないか?と思いますから、それを目指すのが賢明でしょう。