浮気相手と会う頻度の平均

浮気相手と会う頻度は非常に重要

浮気をしているときに考えないといけないことはいくつかあると思いますが、その1つが浮気相手と会う頻度です。

浮気相手と会いたい気持ちはあるとは思いますが、会う頻度をちゃんと考えないといろいろな問題が起きるので、そこは知っておいてほしいです。

特に重要なのは、会う頻度を高くしすぎるとバレる可能性が高くなるということなのです。

これは単純な話で、会う機会を増やせば証拠が残る可能性もありますし、どこかで見つかる可能性も高くなりますから。

だから、浮気をしている人たちはそこをとにかく考えておかないといけないとなります。

浮気相手と会う頻度の平均は?

一般的に浮気相手と会う頻度というのは、普通はどれくらいなのでしょうか?
平均ということで言うと、月に2回程度、多くても3回くらいということが言われています。

一般的なカップルが会う頻度と比べると低い気がしますけど、そこはちゃんとバレるかもしれないリスクを考慮しているということなのでしょう。

月に2回だとすると、2週間に1回程度なので、結構間が空くことになります。

その間には付き合っている恋人や配偶者と会う、生活する時間などもあるでしょうから、どうしても浮気相手と過ごせる時間は少なくなります。

つまり、意図的に頻度を低くしているという理由もあれば、低くせざるを得ないという理由もあると思うのです。

頻度を低くしすぎると浮気相手の不満が生まれることも

浮気相手と会う頻度を低くすると、それだけ付き合っている恋人や一緒に暮らしている配偶者との関係は維持されやすいと言えます。

しかし、今度は浮気相手との関係に影響する可能性があります。

当然ながら、浮気相手としては自分と会ってくれる頻度が低すぎると、不満に感じる部分もあるでしょう。

ただ、それを増やすとするとバレるリスクが高まるので、なかなかそれは難しいと言えると思います。

だから、バレるリスクを考慮しつつ、浮気相手の機嫌も考えないといけないので、浮気をしている人は自業自得と言えそうですが、非常に大変でしょう。

浮気をしていることを知っていれば相手も頻度の低さには寛容か?

浮気相手となかなか会えないということはありえますが、そういったときに浮気相手の機嫌がどうなるか?というのは、結局は浮気相手ということを向こうが知っているか?どうかにもよります。

向こうが知っていれば、なかなか会えないのはしょうがないとなるかもしれませんが、知らないと何でもっと会ってくれないの?と思う可能性もあるのです。

だから、会う頻度が本当に低いような場合には、浮気相手であることをちゃんと告げておくというのも1つおすすめです。

事情を知ってもらって、理解を求めるということをしておくと、浮気相手との関係を保ちやすいと言えるのではないでしょうか?

浮気相手と会うタイミングは不定期な人が多い

浮気相手と会う頻度に関しては月に2回か3回程度ということですけど、実際に会うタイミングは不定期なケースが多いです。

それは恐らくあえてやっている部分もあると思います。

定期的に会うようなことをすると、バレる率が上がるのでしょう。

毎月この日は絶対に内緒でどこかに出かけているとか、そういった認識になりやすく、そこから浮気を疑われることもありますから。

でも、不定期にするとそういった部分に気付きづらい、気になりづらいということが言えます。

だから、曜日や日にちを毎月バラバラにするなどの工夫をすると良いのではないか?と思います。

浮気相手と会う頻度は少なめにするのが良い

浮気相手と会う頻度の平均は月に2回か3回となっており、やはり少ない感じがします。

それは浮気がバレることを恐れているという理由が大きいのでしょう。

だから、そういった頻度になっているのでしょうが、そういった頻度でしか会えないと、浮気相手からの不満が生まれる可能性がありますが、浮気相手から不満の声が本当に聞こえてきたときには、事情を理解してもらうという対応をすると良いのではないか?と思います。

そして、浮気相手と会うときには決まった曜日、日にちなどではなく、毎月バラバラなタイミングを選んだ方がバレづらいということも覚えておきましょう。