浮気は法律違反じゃない

浮気というのは人によって基準が違う

浮気という言葉を何気なく使っている人がいますが、浮気という言葉はしっかりとした定義があるとまでは言えないのです。

不倫という言葉が別にありますけど、こちらはある程度状況を限定することができます。

不倫というのは一般的に言えば、既婚者同士または既婚者と未婚者による性的関係を意味し、基本的には違法行為になります。

しかし、浮気というのはそういった状況に限定されずに使われていることが多く、そもそも人によって浮気の捉え方が異なるのです。

どこからが浮気か?という議論がたまにあるように、人によって浮気の線引きは曖昧で、確実なラインを決められないところに特徴があると言えます。

浮気は違法じゃない場合を含む

不倫というのは基本的には既婚者同士か、既婚者と未婚者による性的関係なので、これは民法に違反していることになります。

しかし、浮気というのは未婚者同士のケースにも用いられ、かつ性的関係に限定されない風潮があります。

実際、どこからが浮気か?という線引きにおいて、手をつないだたらアウトとか、一緒に食事に出かけたらアウトなどを言う人もいますが、このレベルはそもそも既婚者が配偶者以外と行っていても基本的に法的には問題ありません。

つまり、既婚者ですら法律に違反することがまずありえない状況でも人々は浮気と捉えていることがあるので、ある人が特定の状況を浮気と捉えても、それが違法であるとは言えないケースも多々存在するということになります。

未婚者同士ならば性的関係は違法にならない?

浮気という言葉は未婚者同士の関係においても使われるのですが、未婚者同士が性的関係を持ったとしても、それが違法になるということは基本的にはないのです。

婚姻をしている場合には法律上の関係が成立し、夫婦としての法律を守る義務が生じますが、ただのカップルなどの場合にはどこかに届け出をするわけでもなく、法律上の関係でもないので、夫婦が守るべき法的義務は適用されないことになります。

例えば、自分の彼氏が別の未婚女性と性的な関係になったことが発覚したとしても違法とは言えず、さらに慰謝料などを取ることは難しいと言えます。

浮気それ自体は悪いことではないのか?

不倫の場合には法律に違反するので、違法行為であるということを理由に相手を責めることはできるでしょう。

しかし、浮気は法に反しない場合が多々ありますから、客観的に悪な行為であるという根拠が見出しづらいということになってしまいます。

お互いが結婚していなくても、浮気はいけないことだという認識は結構広まっているので、そういった部分によって浮気は悪いことであると思っている人は恐らく多いと思います。

しかし、日本は未婚者に関しては自由恋愛が原則なので、国のスタンスとしては浮気が良いことであるとは言わないかもしれないが、悪いことであるとも言っていないに等しいのです。

浮気という言葉の定義に食い違いがあるとトラブルが起きやすい

浮気というのは未婚者のみが絡んでいるケースでは基本的には違法になりませんが、浮気が発覚するとカップルといえども、トラブルに発展することはあります。

ただ、浮気の捉え方がカップルの双方で同じとは言い切れないので、それがトラブルの原因になることもあります。

それこそ自分以外の異性を手をつないだら浮気と思っている人もいるかもしれませんが、それはさすがに浮気じゃないだろうと思っている人もいるはずなのです。

浮気は法律に反しないケースが普通にある中では、曖昧な概念としての捉え方により、こういうトラブルが起きやすいと言えるでしょう。

浮気は法律に反しないことが多いが、だからといってトラブルが起きないわけではないので、カップルでそういった事態を避けるためにはあらかじめお互いが考える浮気のラインについて話し合っておいた方が良いと思われます。

不倫は違法だが違法とは限らない

不倫と浮気という言葉は非常に混同している人が多いと思われますが、明確な違いはあります。

不倫は既婚者が絡んだ性的な関係で、浮気は既婚、未婚に限りませんし、性的な関係にも限らないのです。

浮気の方が該当するケースがより広い状況になっているのですが、結局法律による線引きができない以上、どこからが浮気か?とか、浮気は悪いことか?という結論は出せないのです。

浮気は既婚者が絡んだ場合にも使うことがあるので、違法なケースもありますが、未婚者しか絡んでいない場合にも使うので違法じゃないケースが多々あるというのは知っておかないといけないのです。