火遊び程度の浮気相手が本気になった時の逃げ方

タイプ別・・・ダメージを受けないで逃げる方法とは?

火遊び程度で考えていた浮気相手が本気になると、どのように逃げるかがかなり重要になります。

ポイントは、どのようにダメージを最低限に抑えるかということです。

相手の性格により、どのような行動に出てくるかが変わってきます。

本気になった女性への対応を間違えると、本命彼女への攻撃に出たり、自分の友達を潰しにかかったり、ひどい時には会社にまで押しかけて誹謗中傷してくるという場合もあります。

本命彼女との関係や友人や社会的信用を守るためにも、どのようにダメージを受けないで逃げられるか考えることはとても重要なのです。

さっぱりした性格の浮気相手への対応

もともとさっぱりとしたタイプの女性と浮気をしていた場合は、こちらが変に気を持たせてしまって本気になった可能性が高いです。

このような場合、はっきりともう会いたくない、会うつもりはないということを伝えるとダメージが少なくなります。

変に相手を傷つけないように濁した言い方をする方が、どっちか分からないので、向こうが納得しないで関係を切れなくなります。

もともと女性の方が切り替えは早いわけですから、変に良い人ぶらないで、自分の気持ちをストレートに伝えた方が上手くいく可能性が高いです。

遠まわしに伝える方が傷ついて面倒なことになります。

粘着質傾向がある女性への対応

このタイプが非常にやっかいです。

逃げ方を間違えると、かなり大きなダメージを食らう可能性があるからです。

まずは、相手がこちらのデータをどこまで知っているかを冷静に考えましょう。

すっぱり切って逃げてしまうと、見捨てられ不安から深く傷つき追いかけてくる可能性が高いです。

無傷では逃げられないかもしれませんが、どこまでダメージを少なくするかということを考えることが大切です。

向こうが復讐して来た時に、一番守りたいものは何かを考え、まずは先回りして手を打っておきましょう。

相手が本気になったと感じたらすぐ行動するのではなく、ある程度慎重に行動してから逃げましょう。

ストレートに別れを伝えるのではなく、少しずつ距離を離していく方法が良いです。

ネットで知り合った相手の場合

ネット上で知り合ったなど、こちらの個人情報はほとんど知らないという相手の場合は、ダメージをほとんど受けずに逃げられる可能性が高いので、さっさとフェードアウトしてしまえば大丈夫です。

しかし、その際に注意しなければいけないのが、SNSで自分がどこまで個人情報を公開していたかということです。

まずは、相手が知っているアカウントでどこまでの個人情報が探れるのかを確認してみましょう。

特に既婚者や会社勤めをしている人は、その辺もチェックしてからどう対応するかを決めます。

個人情報が漏れてないと判断できたらフェードアウト、漏れている可能性があるなら粘着質だった場合を想定して慎重に逃げます。

相手が同僚や元同級生の場合どうするか

相手が同僚や元同級生だった場合は、浮気が公になった場合、自分と相手のどちらにダメージが大きくなるかを考えて逃げ方を決めましょう。

会社内の人間や友達に伝わってしまう可能性が高いですが、そうなると相手にも大きなダメージがある場合は、浮気相手もあまり大きな復讐はできません。

せいぜい、電話やメッセージで直接ひどいことを言われるくらいですので、ストレートにもう関係を切るということを伝えましょう。

相手に失うものが無いと判断した場合は、かなり慎重に話し合い、相手の出方次第では多少の手切れ金なども用意する必要があるかもしれません。

別れを告げる前に、大切な同僚や友達には事情を話し、関係を崩されないよう手を打っておきましょう。

常に最悪なケースを考え行動する

火遊び程度の浮気相手が本気になった時ほど怖いものはありません。

相手によって対応方法は異なりますし、相手が捨て身で来る可能性もありますので、いかにダメージを受けないようにするかをいつも考えましょう。

ポイントは、最悪の事態を想定して先読みしながら自分と周りを守るということです。

火遊びをしてしまったことは仕方がないので、後悔しても仕方がありません。

なんとかなるだろうと考えるのではなく、どのようにして自分と周囲の人間関係を攻撃されずに逃げられるかを見極めます。

そのためには、相手がどんなタイプか、どうゆうきっかけで知り合ったかに合わせて行動することがポイントです。