浮気が原因で別居することに。婚姻費用はどうなる?

婚姻費用分担とはどんな制度なの

浮気をした(された)場合、結婚生活を続けている限り、夫婦で経済的に援助をし合わなければならない法律上の義務があります。

相手が浮気をした、腹が立ったから子どもごと追い出した、金は払わんないというわけにはいかないのです。

こちらが浮気をした場合、別居をしたら、やはり別居期間中の婚姻費用分担義務があるのは理解しやすいでしょう。

それでは金額は?相場は?気になるのが法律的な部分、そして、相手、こちらの有責性がどのように評価されるかです。

これらの問題はとても微妙な駆け引きの上に成り立っていて、お互いの合意点を見い出していく必要があります。

法律的な問題ですが、お互いの気持ちが反映されるので、実直に取り組みましょう。

あなたが有責者で、浮気をしてしまった場合

まずこちらが浮気をしてしまった場合ですが、気に入らないから出て行って欲しい、僕はこっちの子と暮らすからね、と言って手ぶらで相手を追い出すわけには人道的にもいきません。

婚姻費用の分担は、双方納得していればその金額でいいのですが、追い出した相手が明日から食うにも困るような状態になってしまうようなら、妻子を追い出したあなたの信用はガタ落ちです。

こういった場合には基本的に、結婚生活をしていた状態と同等、相手と自分が平等の生活をする「生活保持義務」としての金額を支払わなくてはいけません。

そうなるともしあなたが新しい女の子と生活するのに結構な負担がかかることになります。

生活保持義務プラス慰謝料的な意味合いの金額を込めないと相手が納得しない場合もあります。

奥さんが有責者の場合

奥さんが浮気をした場合について考えてみます。

有責者は向こうなので、まずは冷静に話し合ってみようとしたけれどもなかなかうまくいきません。

そこで奥さん(プラス子ども)がアパートを借りて出て行くことになりました。

相手が悪いから一銭も支払わなくてもいいというわけではありません。

相手の有責性を勘案しても「生活扶助義務」としての金額は最低限支払わなくてはいけません。

この場合でもあなたが追い出したせいで相手がひもじい思いをするようなことがあってはいけません。

生活扶助義務とは、生活保護で受給できるだけの生活するのに最低限の金額はきちんと支払わなくてはならないということです。

生活人数、地域によって金額が細かく変わってきます。

紛争性が高ければ弁護士や調停の活用を

浮気をされた方は怒り心頭に発しているのでより多くの金額を支払って欲しいと思うでしょう。

しかしお金には限りがあります。

金額でどうしても折り合いがつかないという場合には、「婚姻費用分担」の調停を相手方の住居地を管轄する家庭裁判所に申し立てることができます。

個々人の経済事情は様々です。

奥さんが一旦実家に帰っている、奥さんは仕事をして自立しているので生活そのものには困っていないけれども懲罰的な意味合いで奥さんの側から調停を申し立てる場合もあります。

生活保持義務にしても生活扶助義務にしても精密な計算式が決まっています。

調停で精密に金額を計算してもらうことや、弁護士に相談するのも1つの手段です。

家裁調査官という専門家が調停の円滑化のために立ち会うこともあります。

理にかなった納得できる結論を

ただ、一方的に無茶苦茶な要求をされる場合もあり得ます。

浮気して出て行った奥さんが新しい男と暮らし始めていて、経済的には何の不自由もないのに婚姻費用分担の訴えをしてくる場合もあります。

その必要はないだろうとまずはあなたから相手を説得、弁護士や調停委員からも説得します。

婚姻費用分担は調停という話し合いだけでなく、判決と同等の効果を持つ「審判」決定も出ることがあります。

あまりにも調停が長引くと正式裁判になります。

困るのは相手が婚姻費用欲しさに離婚を引き延ばしてずるずるとそのまま時間が経過して、あなたがお金だけを支払わなくてはならなくなった場合です。

そうした場合には本当に正式裁判で離婚にまつわる一切の決定をしてもらうのが一番の早道かもしれません。

お金を払う事が誠意を見せる事に

一度浮気が発覚、別居にまで至ってしまうとなかなか元の鞘に収まって家族仲良く暮らすというのは難しいものです。

家庭に法律は入らずと言いますが、浮気、不倫、それに対する怒りというのは結局は全てお金に換算されていきます。

お互い好き合って一緒になった男女ですから寂しい気持ちもあるかも知れませんが、お互いの生活にとって必要なのは金銭です。

お金のやり取りがあってお互いに気持ちも少しほぐれるという点では、婚姻費用分担は悪い事ばかりではありません。

大事なのはあなたがきちんと誠意を尽くしたということです。

いろいろと周囲から噂されるかもしれませんが、きちんと払うべきものは払ったという事実はあなたにとって道義的にも味方になってくれるでしょう。