浮気がバレて冷却期間を置くことに。どのくらいの期間が適当?

浮気がバレた!頭を冷やす冷却期間はどのくらいか?

浮気がバレてしまった時、カップル二人の間にしばらく距離をおこうという話し合いになりがちです。

まあ、そこまでの話し合いではなくても、気まずい雰囲気が二人の間に漂うでしょう。

浮気で信頼関係が破壊されたのですから当然の結果と言えましょう。

二人に関係が冷え切っていたとしても冷却期間をおけば戻るのならいいではありません?
少し頭を冷やせばいいというくらいで彼女は許してくれるのですから。

ではどのくらいのスパンで冷却期間をおくのでしょうか?噂は75日とかいろいろありますが、恋愛関係においては3という数字が該当するようです。

3時間の冷却期間はありえるかどうか

3時間という短い時間で浮気が許されるくらいならそれは、相手の女性の怒りには触れてはいないということになるでしょう。

同じ空気を吸う中で同じ時間を共にして、会話をしているうちに浮気を許してくれていることもあるかもしれませんよ。

すぐに許してくれそうという脈ありを感じたら、とにかく下手に出て許しをこうようにします。

まるで子供のゴン太を目標にしてみてはいかがでしょうか?子供が母親へのゴン太を行うように、許してよ、もうしないから。

と女性の母性本能を刺激してみましょう。

きっと、三時間という記録的な短時間で彼女の機嫌が回復するというケースもあります。

3日の冷却時間ではどうか

3日で浮気をした夫、彼氏を許せる女性はかなり多忙を極めているとか、小さなことを気にしていられないような生活を強いられている女性ということが多いようです。

よくあるパターンでは、浮気をしたバツで3日間は口を聞いてくれない女房とか、3日連絡をくれない彼女とか。

3日は浮気という不貞行為を許してしまう時間には早すぎるものです。

もともと対して怒っていない女性や、彼氏になめられている女性、あるいは多忙すぎて小さなことに構う余裕がない女性に多いでしょう。

あとは、3時間や3日という短時間、短期間で許してしまうくらいならば彼のことはもうどうでもいいと思っている場合が多いです。

簡単に許してくれたら覚めていたなんて、気をつけたいですよね。

3週間の冷却期間は適当か

浮気行為について考えたり、相手の頭を冷やさせたりする時間に3週間は長いですよね。

例えば、彼女や妻が別れを考えているとしたら、3週間は考えすぎと言えます。

このくらいの時間を要するならばもうほとんど、考えは決まっておりあとは保留にして逃げている期間が長いということになりましょう。

妻や彼女が部屋を出て行ってから3週間帰宅しないということならば、もうそれは明らかに帰ってくる気がないとも見えます。

そもそも、本当に妻があるいは同棲中の彼女が家を一時的にでてすぐに戻るという覚悟であれば、すぐに戻ってくることが予想されます。

例えば、1週間という期間を区切りにするなどです。

3年冷却期間をおくということ

人間関係において3年も放置しておくのはないだろうと思われがちですが、恋愛、片思いにおいてや再婚などの特別な都合がある場合では3年という冷却期間もまた適応内なのです。

特にもう顔も見たくはないと言いながら、喧嘩別れをしてしまった相手との関係を復活させるには3年以上という冷却期間を使うこともあります。

夫婦の離婚、恋人同士の別れから新たに関係を構築するためには、3年という月日がちょうど良いのです。

人間の怒りや憎しみがちょうど美化されて消えてゆく時間に3年も必要になるということなのです。

できれば、縁がない方がいいに決まっている冷却期間ですが、時にこうした時間もカップルには訪れることもあるということでしょう。

しばらく実家に帰らせてもらいますは頭を冷やしなさいということ

よくテレビドラマでも見かけることが多いですが、妻が亭主の浮気を抑えたとき、実家にしばらく帰らせてもらいますと言いながら、荷物をまとめて家を飛び出すという光景があります。

あれはまさしく、日頃から亭主の身の回りのお世話をこなしている妻だからこそ言えるセリフです。

妻が実家に帰り、家を空ければ誰が亭主の身の回りのお世話をするのでしょうか。

テレビドラマでは、亭主が頭を下げて女房がすぐに戻る、あるいは、妻が率先して帰ってきた時に亭主の浮気現場を目撃してしまい新たな火種になるというパターンが非常に多いですよね。

どのくらいかは1週間、3日、週間、一月、三ヶ月まででしょうか。

もしも半年、一年となればもう別離そのものですからね。