浮気されたら別れるべき?迷ったらどうするべきかの決め方とは

浮気されたら別れるかどうかの判断基準を決めておこう

彼女に浮気されたからといって、すぐに別れを切り出す短気さは、長い人生の中で必ずしも得策とは言えません。

そこで、別れるべきか迷った時には、一度冷静になってなぜ別れるべきか迷っているのか理由を考えてみると良いです。

客観的に理由を分析出来れば、本当に別れるべきか再構築をすべきか判断しやすくなるので、数日かけて考えて結論を出しても遅くありません。

なぜなら、一度別れを口に出してしまうと取り返しがつかなくなるからです。

頭の中でシミュレーションするだけならば、何度でもやり直しが出来るので、後悔しないためにも客観的な判断を行うようにしましょう。

多くはなぜ別れるべきと考えたのかという理由に着目すると良いです。

浮気の内容が何処までだったのか確認する

浮気の定義は男女間だけでなくカップル同士でも異なります。

男女が2人だけで一緒に食事やデートへ行くだけで浮気と判断する人もいれば、セックスまで行って初めて浮気と考える人もいるわけです。

浮気の内容が具体的にどこまでだったのか、彼女と浮気男性の両方から別々に聴取して一致することを確認すする必要があります。

矛盾点があればすぐに別れた方が良いと考えられるので、聴取回数は一回きりと考えて最初に双方に宣言しておくと間違いありません。

その場では判断せずに、数日間考える時間を貰ってから冷静な対処を行えば判断を誤らずに済むでしょう。

彼女との結婚をこのまま意識出来るのか考えてみよう

彼女が浮気をした事実は今後も消えないので、彼女と単なる遊びで交際していたのか、結婚を意識した関係だったのかで別れるかどうかを決めると良いです。

結婚を意識する気が全く無ければ、遊びの関係として結婚を前提とはしないという宣言だけして互いに自由恋愛を貫くことになります。

結婚を意識していて彼女に浮気されたのならば、結婚後の浮気再発を考えて納得出来るかどうかで判断すれば問題ありません。

1度浮気した女性は、生涯の伴侶となった後も浮気を数回繰り返す可能性がある点を考慮して、それでもなお交際を続けたいかどうかで別れる判断をすれば良いわけです。

彼女の反省度合いを確認する期間を設けても良いか考える

浮気をした彼女が本当に反省していて、真摯に謝罪と贖罪を願い出ているならば、反省度合いを確認する期間を設けて様子見すべきか考える方法があります。

今までのような完全に無制限で彼女を信頼し続けることは難しいことを理解してもらった上で、少しだけ条件を付けて交際を続けるか判断するための期間を設けると良いです。

期間は短ければ3ヶ月程度とし、長くても1年以内にすれば問題ありません。

あまりにも長すぎると彼女の恋心自体が消え失せてしまう可能性が高いので、束縛よりも一般常識を学ぶ機会と考えてもらうと納得してもらいやすいです。

浮気相手と完全に切れるか関係性で判断する

彼女が浮気した事実を掴み、彼女自身が浮気を認めているならば、浮気相手と今後一切連絡も会うことも無く完全に関係が切れるのか確認する必要があります。

ポイントとなるのは、浮気相手の男性が同じ職場や学校だったかどうかであって、今後も顔を会わせる可能性があるならばキッパリと別れを告げた方が良いでしょう。

なぜなら、本気で浮気を反省しているならば、彼女自身が浮気相手の男性と完全に関係を切れるように自ら考えて行動するからです。

本当に浮気相手と完全に切れたかどうかの関係性で判断すれば、別れることが正解かすぐに判明します。

彼女が1度浮気したら再度行う可能性が高いので決断は明確に

1度浮気をした彼女を許したとしても、生涯浮気を1度もしない女性が多いことを考えれば、浮気性の心配が1段階高いままであることに変わりありません。

1度浮気した彼女が再度浮気をする可能性を秘めていることを考慮した上で、結婚を意識出来るなら再構築を目指せば良いでしょう。

結婚を意識出来ないならば、単なる遊び相手としての関係に落ち着かせて、恋人関係は思い切って清算して別れることが望ましいです。

一度別れを切り出すと後戻りが出来ないので、即日判断は避けて数日間かけて再構築と別れのどちらを選ぶのか慎重に判断すると良いです。